「1996年日本グランプリ (4輪)」の版間の差分

編集の要約なし
m (カテゴリの追加)
 
年間スケジュールにおいて[[オーストラリアグランプリ|オーストラリアGP]]が開幕戦に移動したため、日本GPは[[1977年日本グランプリ (4輪)|1977年]]以来となるシーズン最終戦として開催された。
 
[[ウィリアムズF1|ウィリアムズ]]に所属する[[デイモン・ヒル]]、[[ジャック・ヴィルヌーヴ]]両名によるドライバーズチャンピオン争いは、ヒルが9ポイントリードして最終戦を迎えた。ヴィルヌーヴが逆転チャンピオンとなためには優勝(10ポイント)かつヒル最低条件となる無得点以外に無かった。ヴィルヌーヴが優勝しヒルが6位(1ポイント)に終わるとの場合、合計88ポイントで並ぶが、優勝回数の差(ヒル7勝、ヴィルヌーヴ5勝)でヒルがチャンピオンとなる。ヒルはすでにウィリアムズ離脱が決定しており、悲願のタイトルまであと1ポイントという状況で日本GPを迎えた。
 
== 予選 ==
グリッド上でスタートを待つ間に予選8位の[[デビッド・クルサード]]([[マクラーレン]])がエンジンストールし、[[フォーメーションラップ]]がやり直しとなった。クルサードは最後尾にまわり、決勝は1周減算して52周で行われる。
 
仕切り直しのスタートでは、ポールシッターのヴィルヌーヴの加速が鈍く、ヒル、[[ゲルハルト・ベルガー]]([[ベネトン・フォーミュラ|ベネトン]])、[[ミカ・ハッキネン]](マクラーレン)、[[ミハエル・シューマッハ]]([[スクーデリア・フェラーリ|フェラーリ]])、[[エディ・アーバイン]](フェラーリ)に抜かれて6番手にまで後退、ヴィルヌーヴにとっては痛恨の、ヒルにとっては圧倒的有利な情勢となった。S字コーナー手前で[[ジャン・アレジ]](ベネトン)がスピンし、バリアに激突して早々とリタイアした。
 
3周目、2位のベルガーがシケインでヒルのインを狙うが、追突してフロントウィングを損傷した。ヒルのマシンへの影響が懸念されたが、ダメージもなく走行を続けた。
31周目、シューマッハ、ハッキネン、ヴィルヌーヴの3者が同時にピットインし、2回目のタイヤ交換を行った。ヴィルヌーヴはフロントウィングを調節したため若干タイムロスし、ポジションは変わらず。ヒルは34周目に無難にタイヤ交換を済ませ、トップを堅持した。
 
ヴィルヌーヴは33周目にこのレースの[[ファステストラップ]]を記録し、チャンピオンを諦めない姿勢をみせた。しかし、37周目の1コーナーを通過したところで突然右リアタイヤが外れ、2コーナーのサンドラップに突っ込んだ。タイヤは勢いよくフェンスを飛び越えたが、幸運にも観客席への被害は免れた。ヴィルヌーヴはマシンを降り、この瞬間ヒルのワールドチャンピオンが決定した。ルーキーチャンピオンの期待可能性は潰えたが、ヴィルヌーヴはすっきりした表情で観客の拍手に応えた。
 
ヒルはシューマッハの追撃をかわして残り周回を走り切り、今季8勝目のチェッカーフラッグを受けた。亡き父[[グラハム・ヒル]]に続く、親子2代でのチャンピオン獲得はF1史上初となる。ウィニングランを終えてピットでマシンを降りると、苦楽を共にしてきたジョージー夫人と熱い抱擁を交わした。