「イモビライザー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''イモビライザー'''(Immobilizer)(Immobilizer)とは電子的な[[鍵 (道具)|キー]]の照合システムによって、専用のキー以外では[[エンジン]]の始動ができないという[[自動車盗|自動車盗難]]防止システムのこと。
 
== 機能 ==
通常、車の鍵はキーシリンダー内部とキーの鍵山が(機械的に)一致すればイグニッション[[スイッチ]]をオンにしてエンジンが始動できる。これに対し、イモビライザーは専用キーに埋め込まれた[[トランスポンダ]]と呼ばれる[[集積回路|電子チップ]]が持つ固有の[[ID]][[符号|コード]]と車両側のIDコードを電子的に照合し、一致すればエンジンを始動させることができる。
 
キーのIDは[[暗号化]]されており、その組み合わせは数百万以上の数になり、複製することは極めて困難であるため、合鍵や[[配線]]直結の手口にも有効なセキュリティシステムとされてきた(イモビライザーはあくまでも「エンジンを始動できない」ようにするだけであるため、[[車上荒らし]]や[[レッカー車]]などを用いた窃盗には効果がない)。
 
== イモビライザー破り ==
イモビライザーを搭載していても、該当の車が盗まれるケースもゼロではない([[2005年]][[10月25日]]に起きた[[日本プロサッカーリーグ|J1]](当時)[[FC東京]]の[[茂庭照幸]]選手の[[トヨタ・ランドクルーザー|ランドクルーザー]]盗難事件など)。
 
[[2004年]]に発売された[[スズキ・スイフト]]は[[Bセグメント|1.3~1.5リッタークラス]]の日本車としては初めて全グレードで標準装備としている。また、[[特別仕様車]]ではよく特別装備として装備される機能でもある。
 
== 脚注 ==
<references />
 
1,586

回編集