メインメニューを開く

差分

=== マイソール王国の藩王国化、内政権摂取===
[[File:Anglo-Mysore War 4.png|thumb|right|200px|第四次戦争によって奪われたマイソール王国の版図]]
マイソール王ティプー・スルターンが[[第四次マイソール戦争]]でしたのち、[[イギリス]]は[[マイソティプ・スルターン朝]]一族廃絶王位継承[[ヒンドゥー]]の[[オデヤ朝]]復活を決定させることにした。こうして、[[1799年]][[6月30日]]に幼[[クリシュナ・ラージャ3世]]はマイソールにおいて即位式を挙げ、王位を継承した<ref>[http://www.royalark.net/India/mysore4.htm Mysore 4]</ref>。
 
そのうえ、同年[[7月8日]]にはイギリスとの間に軍事保護条約が締結され、マイソール王国は[[藩王国]]となった(マイソール藩王国)<ref>辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p.44</ref>。それは必要に応じてイギリスが内政権を収することができるという、非常に従属性の強いものであった。また、戦後にマイソールの領土はイギリスと[[マラーター王国]]、[[ニザーム藩王国]]に割譲され、その領土はほぼ半分になった。
 
一方、ティプー・スルターンの一族は[[ヴェールール]]の城に住むこととなり、そこで年金生活をっていた。しかし、[[1806年]][[7月]]にヴェールールでシパーヒーらがイギリスに対して反乱を起こすと、旧王家の一族もティプー・スルターンの息子をはじめとする一族の者が叛乱に参加している。叛乱が失敗したあと彼らは捕えられて[[カルカッタ]]へ強制送還連行された。
 
[[1831年]][[10月3日]]、イギリスはマイソール藩王国内で農民反乱が起きたことを理由に、これを統治紊乱として内政権を収し、その領土は事実上イギリスの管理下に置かれた<ref>辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p.44</ref><ref>辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p.276</ref>。その後はずっと、イギリスが任命するコミッショナーが[[バンガロール]]を行政中心地として統治し続けた。
 
===マイソール藩王国の近代化、および併合===
匿名利用者