「エンクロージャー」の版間の差分

「分類」を編集
(関連性で順番を入れ替え)
(「分類」を編集)
; 平面バッフル/後面開放(ダイポール)型
:[[ファイル:Lautsprecher offen (gefaltet) (loudspeaker).png|thumb|100px]]
: 平面バッフルはスピーカーユニットを単なる平らな板に取付けたものる形式である。板によってスピーカーユニット背面から出たを遮るという単純なものである。より低い帯域の音は回折によって前面にまわこむこととなる込んで干渉し、低域を打ち消すので、それを防ぐにはできるだけ大きな板に取付けることが必要とながある。実用面しそれには限界があるので、板の四隅を折り曲げた格好にし、後面のみが開いた箱状にする場合もことがよくあり、れは{{仮リンク|後面放型|en|Dipole speaker|label=後面開放(ダイポール)型}}と呼ばれる。
:{{-}}
; [[密閉型|密閉型(アコースティック・エアー・サスペンョンールド型)]]
:[[ファイル:Geschlossenes Lautsprechergehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: [[密閉型]]、箱スピーカーユニットを密封し、振動板閉された箱に取り付ける形式である。スピーカーユニット背面から発せ出た音は箱の中に閉じ込められる音外には出ない。通常、箱影響を完全遮蔽すは吸音材が詰められる。箱の内容積が大きい場合は癖の少ない素直な音質が特徴であ得られ。反面エンクロージャー内容積でスピーカーユニットさくなると箱中の空回路非力バネと場合、振動板を元動きが制限され位置に戻そうとするため、低音の少域が出にくくい詰まったる。内容積が過小の場合は特定の共鳴がボンボンと鳴るようになりやする。市販スピーカーによく用られる形式である
:{{-}}
; [[バスレフ型|バスレフ型(バスレフレックス型、ベンテッド型)]]
; バスレフ型
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: [[バスレフ型]]、エンクロージャー密閉型前面や背面筒状の貫通穴ダクトが付いた孔(ポート/ダクト)を設け、[[ヘルムホルツ共鳴]]の原理とする形式ある。スピーカーユニット面から発せられた低出る音を利用してヘルムホルツ振、鳴周波数付近の低域を増強する。これが振動板前面から発せられた低音内容積の割加算され、豊かな低が得られる。反面のが特長だが、共周波数よりさらに低い低音がほとんど域は逆にスピーカーユニット前面からなくな音と打ち消し合ってしう。箱の内容積や共鳴周波数はスピーカーユニットに合わせて設計する必要があり、設計が悪いと音にが付の強低域となる。ま貫通穴ポートから共鳴音以外ところで音が漏れ出てきたり風切り音が出たりすることがある。市販スピーカーに最もよく用いられる形式である。
:{{-}}
; ドロンコーン/パッシブラジエーター型(ドロンコーン型)
:[[ファイル:Passive radiator enclosure.svg|thumb|100px]]
: {{仮リンク|パッシブラジエーター型|en|Passive radiator (speaker)}}はバスレフ型のポートの代わりにパッシブラジエーターを取り付ける形式である。パッシブラジエーターとはサスペンションで支えられた振動板で、実際にはボイスコイルのないスピーカーユニットのように見える。振動板がコーン(円錐)形をしている場合はドロンコーン型とも呼ばれる。動作原理はバスレフ型とほぼ同じ。パッシブラジエーターにはバスレフ型のポートにはないサスペンションが付いているところが異なるが、通常非常に柔らかいサスペンションとしてバスレフ型とほぼ同じ動作となるようにしている(振動板を支えなくてはならないのでなくすわけにはいかない)。パッシブラジエーターの振動板を重くするのは簡単なので共鳴周波数を低くするのが簡単だとか、パッシブラジエーターが音漏れを防ぐとか風切り音が出ないなど、実用面での違いがある。パッシブラジエーターは低域を放射するため、通常スピーカーユニットと同等以上の振動板面積が必要である。
: ドローンコーン(ドロンコーン)型、または{{仮リンク|パッシブラジエーター型|en|Passive radiator (speaker)}}は、エンクロージャーにスピーカーユニット以外にドロンコーン(またはパッシブラジエーター)と呼ばれる物を取付ける方式である。ドロンコーンは電磁気回路を持たないスピーカーユニットであり、同じエンクロージャーに取付けられたスピーカーユニットによって、受動的に動作することになる。
:{{-}}
; [[ASW型]]
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (2x) (enclosure).png|thumb|100px]]
:[[ファイル:Bandpass-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: [[ASW型]]バスレフ型のスピーカーユニット後両にバスレフ型のエンクロージャー、あるいは片方に密閉型のエンクロージャーを取付けたしくはヘルムホルツ共鳴器で塞いだ形式である。スピーカーユニットの中高音を全て封じ込めてしまう。は出なくなるので[[サブウーファー]]いられる方式である
:{{-}}
; [[共鳴管方式]]
:[[ファイル:TransmissionLineSpeaker.png|thumb|50px]]
: [[共鳴管方式]]スピーカーユニット背面に共鳴管をつなぐ形式である。共鳴管はエンクロージャーそのものを共鳴管とす内に折り畳まれて収められ方式。トランスミッションライン型など様々な手法がある(画像はトランスミッションライン型の例)。
:{{-}}
; [[バックロードホーン型]]
: [[ファイル:Bhorn.jpg|thumb|100px]]
: [[バックロードホーン型]]、エンクロスピジャの内部ユニット背面、少しずつ太断面積が大きくなってく音道(ホーン)をつなぐ形式である。ホーンはエンクロージャー内に折りたたまれており収められ箱のどこかエンクロージャー前面にホーンの口がある。振動板の裏側から出た音のうち低音はホーンで増強され、中音高音は折り曲げ構造により減衰し、出口から放射される。バスレフ型に比べて低音増強効果は大きいが、反面、バスレフ型ほど低い帯域まで低音を増強させることは困難である。設計や製作に手間がかかり、エンクロージャーも大形となため、自作スピーカーや海外メーカーの超高級品に使われている。
:{{-}}
; [[フロントロードホーン型]]
:[[ファイル:Horn loudspeaker.jpg|thumb|100px]]
: [[フロントロードホーン型]]、上記の形式がユニット後部の音に手を加えるものであるのに対して、スピーカーユニット前面の音ホーン加え付けもの形式である。フロ背面もなにがしかのエロードホジャン型おいても、ユニット後面の音に手を加え収める必要があるため上記の方式と組み合わせることになる。密閉型と組み合わせる例が多い。バスレフ型と組み合わせたものはコンビネーションホーン型と呼ばれる。本来フロントロードホーンは単なる低音ホーンであって、エンクロージャー自体は密閉型なりバスレフ型で、フロントロードホーンがエンクロージャーの形式とはいい難いのだが、低音ホーンは工作が大掛かりとなりエンクロージャーと一体化しているため、エンクロージャーの一形式として扱われる。
:{{-}}
 
335

回編集