「パーセント」の版間の差分

出典を追加
m (パーミルの字)
(出典を追加)
[[イギリス]]では、{{Lang-en-gb|"per cent"}}と2語で書かれることが多い(しかし、"{{Lang|en|percentage}}" や "{{Lang|en|percentile}}" は1語である)。一方[[アメリカ合衆国]]では{{Lang-en-us|"percent"}}と1語で書かれる。また[[欧州連合|EU]]諸国では一般的にイギリス英語の方が好まれる傾向にあるが、英語で書くときには "{{Lang|en|percent}}" と1語で表記される。なお、20世紀の初め頃までは、2語で書く場合は"{{Lang|en|per cent.}}"のように最後にピリオドを付けていた。この表記法は今でも契約書の中などに見られることがある。
 
なお、数字とパーセント記号との間にスペースを入れるべきかどうかは見解が分かれている("100 %" か "100%" か)。Chicago Manual of Style([[シカゴ大学出版局]])という文法書ではスペースなしを奨励している。科学論文でもスペースを入れずに書くのが一般的である。一方、[[国際単位系|SI単位系]]や[[ISO 31-0|ISOの規格]]ではスペースを入れることを定めている<ref>[[#SIja8th|国際文書第8版国際単位系 日本語版 (2006)]] p. 47</ref>
 
== 出典 ==
<references />
 
== 関連項目 ==