メインメニューを開く

差分

無効出典に出典無効提示および外部リンク切れチェック、経緯の一部表現を初版に近いものに戻す
{{ページ番号|date=2015年10月}}
'''上福岡第三中学校いじめ自殺事件'''(かみふくおかだいさんちゅうがっこう いじめじさつじけん)は、[[1979年]][[9月9日]]に[[埼玉県]][[上福岡市]](現[[ふじみ野市]])で中学一年生の少年が[[いじめ]]を苦に自殺した事件。
 
== 経緯 ==
* 自殺した少年は当時12歳の市立上福岡第三中学校一年六組の生徒で、身長は142センチメートルとクラスで最も小柄だった。また[[在日韓国・朝鮮人|在日朝鮮人]]三世であり、父親の両親は[[朝鮮半島]]の[[全羅北道]]に本籍を置いていた。
* 1979年[[4月20日]] 入学直後、少年はクラスメートと喧嘩になり複数の相手に組み伏せられていたが、相手の腕を噛んだためクラスメートからは少年が悪いと認識されるようになった。少年は休み時間にいじめを避けるために職員室の前に佇んでいる姿が、複数の教師から何度か目撃されていた。
* [[5月20日]] 担任の教諭が家庭訪問をした際に「噛みついた少年が悪い」と話しており、両親も担任も少年に非があるかのように認識していた。
* [[6月18日]]夕方 3人のクラスメートの名前を挙げいじめを苦にした遺書を書き残し姿を消したため、母親は慌てて担任に電話をしたが警察への連絡は待つように言われた。少年は高層マンションの屋上まで行ったが決意がつかず、午後8時過ぎに帰宅した。翌日、担任はいじめをした生徒を呼び出して注意したものの、両親が懇願したにもかかわらず自殺未遂があったことをほのめかした為に、その後少年はクラスメートから「自殺野郎」などと呼ばれるようになり、いじめは更にエスカレートし、毎日のように美術室や昇降口に呼び出され暴行を受けていた。
* [[9月]] 二学期が始まり、3日から7日の間に卓球部で少年に対する集団暴行が行われた。
* [[9月8日]] 土曜日 少年は鞄を捨てたまま行方不明となり、路上で父親に発見された。その後父親に説得され、一時は納得していたという。
* [[9月9日]] 午前8時過ぎ、12階建てのマンションの中庭で飛び降り自殺した少年の遺体が住民によって発見された。遺書で名指しされたクラスメートの一人は少年の自殺がわかると「あいつ死んじゃったよ!」と喜んでいたという<ref>[http://yabusaka.moo.jp/hayashi-ijime.htm 埼玉・中1少年いじめ自殺事件]{{出典無効|date=2017年6月6日|title=個人サイト}}</ref>。
 
== 事件後 ==
 
== 参考文献 ==
* [[金賛汀]]『ぼくもう我慢できないよ ある『いじめられっ子』の自殺』([[金賛汀]]、一光社、1980年
* 金賛汀『続ぼくもう我慢できないよ 『いじめられっ子』の自殺・その後』(金賛汀、一光社、1980年
* 金賛汀『先生はなぜ見殺しにしたのか』(金賛汀、情報センター出版局、1981年
* 赤坂憲雄『排除の現象学』 第1章 P71 71- P77(赤坂憲雄77頁、ちくま学芸文庫、1995年
 
== 外部リンク ==
* [http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko/zitisisinkamihukuoka.html 「上福岡市在日韓国・朝鮮人児童・生徒にかかわる教育指針について」上福岡市教育委員会 1983年3月31日]{{リンク切れ|date=2017年6月}}
 
{{DEFAULTSORT:かみふくおかたいさんちゆうかつこういしめしさつしけん}}
[[Category:1979年の日本の少年犯罪事件]]
[[Category:日本のいじめ]]
[[Category:1979年の日本の事件少年犯罪]]
[[Category:自殺事件]]
[[Category:日本の人種・民族問題]]
[[Category:在日韓国・朝鮮人の事件]]
[[Category:ヘイトクライム]]
[[Category:1979年の日本の事件]]
[[Category:ふじみ野市の歴史]]
[[Category:1979年9月]]