メインメニューを開く

差分

 
=== その他の著名な中華街 ===
* 池袋 - [[東京都]][[豊島区]][[池袋]]の[[池袋駅]]北口近辺には、1980年代以降に来日した中国人の経営する中国人向けの店が約200店舗(駅北口以外の西口周辺なども含めると300-400店舗とも)存在する<ref name="日経BP20120608">{{Cite web|author=藤巻秀樹 |title=東京移民街探訪~すぐ隣にある異国を歩く 池袋北口に広がる“本当の中国“ 新華僑がニューチャイナタウンを展開 |url=http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120608/233127/ |date=2012-06-13 |work=日経ビジネスオンライン |publisher=[[日経BP]] |accessdate=2017-06-08}}</ref>存在する(駅北口以外の西口周辺なども含めると300-400店舗<ref name="日経BP20120608">、また全業種を合わせると600店舗<ref name="共同通信20161017" />とも言われる)。地理学者の[[山下清海]]はこれを「池袋チャイナタウン」と命名し<ref>{{Cite web|author=山下清海| url=http://www.geoenv.tsukuba.ac.jp/~yamakiyo/Ikebukuro%20Chinatown.htm |title=池袋チャイナタウン |accessdate=2017-06-08}}</ref>、書籍や新聞雑誌等で紹介している<ref>[[山下清海]]、『池袋チャイナタウン 都内最大の新華僑街の実像に迫る』、[[洋泉社]]、2010年11月、ISBN 978-4-86248-585-4。</ref><ref>山下清海、『新・中華街 世界各地で〈華人社会〉は変貌する』、[[講談社]]、2016年、ISBN 978-4062586351。</ref><ref name="朝日20090507">{{Cite news|newspaper=[[朝日新聞]] |author=大久保真紀、浅倉拓也 |url=http://www.asahi.com/special/kajin/TKY200905070301.html |title=隣に住む 地元と対話模索――第4部〈列島街村〉 |date=2009-05-08 |accessdate=2017-06-08}}</ref>。池袋のチャイナタウンは店舗数では横浜中華街を上回るのではないかという指摘もあり<ref name="共同通信20161017">{{Cite news|newspaper=[[共同通信社]] |author=松村圭 |title=【特集】池袋“新中華街”の実態 「日常の中国」、裏で危険も|url=https://this.kiji.is/160643813084397574?c=39546741839462401 |date=2016-10-17 |accessdate=2017-06-08}}</ref>、観光客向けの横浜中華街と比較すると、よそ行きでない「日常の中国」<ref name="日経BP20120608" /><ref name="共同通信20161017" />を味わえる中華街だとも評されている。
 
 
== 脚注 ==
18,024

回編集