「犬の十戒」の版間の差分

外部リンク修正。
(外部リンク修正。)
{{出典の明記|date=2017年6月}}
'''犬の十戒'''(いぬのじっかい、''The Ten Commandments of Dog Ownership'')は、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られているが、実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「'''犬からご主人への11のお願い'''」が元である。
[[ペット]]として飼われることとなった[[イヌ|犬]]と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容である。
 
== 日本での認知 ==
日本語に翻訳された文章には確定したものはなく、さまざまに翻訳された文章が書籍([http://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92-%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D-%E7%90%86%E6%81%B5/dp/453725226X(ISBN 例])453725226X)やサイト([http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html 例1]、[http://somalism.net/tencommandments.html 例2])に掲載されている。自分のペットの犬を紹介するサイトや、ペット商品を扱うショップのサイトでは、この詩を掲載したり、詩を紹介したサイトへのリンクを掲載したりするものが多い。
 
[[2005年]]、[[バンド (音楽)|バンド]]「[[three tight b]]」が、この詩をモチーフにしたシングル「犬のお願い」をリリースしている。また、[[2008年]]3月に映画化もされた[[川口晴]]の著書『犬と私の10の約束』([[文藝春秋]]、[[2007年]]7月)もまたこの詩を題材とした作品である。
== 鳥の十戒との関係 ==
Jane Hallanderによる『鳥の十戒』(10 Commandments of Parrot Ownership)が原文であり、それが犬の十戒として翻案され、作者不明とされたまま流布してしまったとの説もあるが、犬の十戒とは10番目の詩が異なるなど、両者の関係は定かではない。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
*[http://www.fosterparrots.com/birds10com.html Foster Parrots Ltd - 10 Commandments of Parrot Ownership]
 
{{lit-stub}}
{{animal-stub}}
{{DEFAULTSORT:いぬのしつかい}}
[[Category:ペット]]
[[Category:インターネットの文化]]
[[Category:イヌを題材とした作品]]
{{lit-stub}}
{{animal-stub}}
29,475

回編集