「ロック・アラウンド・ザ・クロック」の版間の差分

 
==記録と影響==
 [[ロックンロール]]の最初で最大のヒット曲とされ、[[ギネス・ワールド・レコーズ]]の認定によれば、ビル・ヘイリー・アンド・ヒズ・コメッツのバージョンは世界中で通算2500万枚(推定)を売り上げたとされる<ref>『ギネス世界記録 2010』ゴマブックス、2009年、29頁。ISBN 9784777115297</ref>。「[[アメリカン・グラフィティ]]」(1974年公開)を含む40本の映画で使用され、1974年TVドラマ「[[ハッピーデイズ]]」の主題曲としてリバイバル・ヒット(最高39位)を記録。1982年グラミー[[ホール・オブ・フェイム]]受賞。「[[ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500]]」159位。<ref>[http://www.rollingstone.com/music/lists/the-500-greatest-songs-of-all-time-20110407/bill-haley-and-his-comets-were-gonna-rock-around-the-clock-20110526 500 Greatest Songs of All Time: Bill Haley and His Comets. ''(We're Gonna) Rock Around the Clock' | Rolling Stone]</ref>32の言語、500人以上のミュージシャンによって録音され、その累計販売数は2億枚に及ぶ。<ref>[http://www.rockabillyhall.com/JamesMyers1.html The Composer of "Rock Around The Clock" JAMES E. MYERS] </ref>
 
{{要出典範囲| 明快な12小節の[[ブルース]]進行、[[バックビート (音楽用語)|バックビート]]のリズムという当時の[[R&B]]の基本要素を備えているが、演奏はまだ[[ジャズ]]の色が抜けていない|date=2016年10月4日 (火) 03:55 (UTC)}}。{{要出典範囲|しかしそれが[[コーカソイド|白人]]による[[ブラックミュージック|黒人音楽]]の解釈・融合という目新しい音楽「ロックンロール」であり、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の多数派である白人のリスナーを引きつける要因にもなった|date=2016年10月4日 (火) 03:55 (UTC)}}。