メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{Law}}
[[画像:Himeji Castle The Keep Towers.jpg|240px|right|thumb|特別史跡「[[姫路城]]跡」([[兵庫県]][[姫路市]])]]
'''史跡'''(しせき、非[[常用漢字]]:'''史蹟''')とは、[[貝塚]]、集落跡、[[城跡]]、[[古墳]]などの[[遺跡]]のうち[[歴史]]・[[学術]]上価値の高いものを指し、[[国]]や[[自治体]]によって指定されるものである。この語は一般には[[遺跡]]全般と同義で現在においてもその意味で使用される場合も多いが、[[日本]]においては[[1919年]]([[大正]]8年)の[[史蹟名勝天然紀念物保存法]]以降、特に[[法律]]で指定保護されている遺跡を指すようになり、現在では狭義の「史跡」は[[文化財]]の種別の一つとして[[文化財保護法]]第109条第1項に規定されている。<ref name="コトバンク">{{Cite web|url=http://kotobank.jp/word/%E5%8F%B2%E8%B7%A1|title=史跡 とは - コトバンク|accessdate=2014-05-30|publisher=朝日新聞社}}
</ref>
 
== 旧法による保護 ==
{{出典の明記|section=1|date=2014年5月}}
[[1919年]][[大正]]8年)の「[[史蹟名勝天然紀念物保存法]]」によって、史跡の法的な保護制度が確立した。当時、[[遺跡]]保存の運動の中心にいたのは[[東京大学|東京帝国大学]]で[[日本史|国史学]]教室を主宰していた[[黒板勝美]]<ref>史蹟名勝天然紀念物調査会、[[朝鮮総督府]]宝物古蹟名勝天然記念物保存会のほか、古社寺保存会、国宝保存会などの委員を務めた。</ref>であった。黒板は、遺跡保存の先進地であった[[イギリス]]に留学経験のある日本の[[古代]]史学者であり、保存すべき対象として国史学で用いられることの多かった「史蹟」の語を用いたのである。その後、史蹟名勝天然紀念物保存法は、[[1950年]]([[昭和]]25年)制定の[[文化財保護法]]に引き継がれた。
 
== 史跡指定をめぐる諸問題 ==
匿名利用者