「エンクロージャー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
; [[バスレフ型|バスレフ型(バスレフレックス型、位相反転型、ベンテッド型)]]
:[[ファイル:Bassreflex-Gehäuse (enclosure).png|thumb|100px]]
: バスレフ型は箱にダクトが付いた孔(ポート)を設け[[ヘルムホルツ共鳴器]]とし、スピーカーユニット背面で駆動する形式である。共鳴により低音域が増強されるが、共鳴周波数より低い周波数ではスピーカーユニット前面から出る音と打ち消し合ってしまう。小さな箱で豊かな低音が得られるが、箱の内容積や共鳴周波数をスピーカーユニットの特性に合わせて設計する必要があり、設計が悪いと癖の強い低音となる。また、ポートから共鳴周波数付近以外の音が漏れてきたり、風切り音が出ることもある。市販スピーカーに最もよく用いられる形式である。ダクトに制動材を詰め、密閉型との中間的にしたものをダンプドバスレフという。
:{{-}}
; パッシブラジエーター型(ドロンコーン型)
335

回編集