「エンクロージャー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
{{出典の明記|date=2012年11月20日 (火) 19:18 (UTC)}}<!--「分類」セクションは2009年9月より当テンプレが貼付済。今回、「概要」セクションも出典の提示無きまま加筆がなされたため、記事全体に対する出典要求として貼付位置変更。-->
 
'''エンクロージャー''' (''enclosure'') は「取りい込むもの」という意味で、機械類を格納する[[筐体]]のことである。単にエンクロージャーという場合は[[スピーカー]]用の、それも全帯域用または低音域用のものを指す場合が多い。本項にて説明。
 
その他、[[ブレードサーバ]]を格納する筺体(対象を明確にするためブレードエンクロージャーとも)等を指す場合もある。
 
== 概要 ==
スピーカーのエンクロージャーにはスピーカーユニット前面から出る音と背面から出る音を分離する役割がある。
 
振動板は前後に互いに逆相の音を放射するので、この音同士が干渉すると低音域では打ち消し合ってしまう。そのためスピーカーユニットを裸で鳴らすと低音が出ないが、エンクロージャーに取付けることで低音を再生できるようになる。
 
サイズの非常に大きなスピーカーユニットはそれ自体のバッフル効果によって、エンクロージャーがなくても低音域まで再生できる場合があるが(全面駆動形の衝立型スピーカーなど)、それでも低音域が弱点となる場合が多い。
 
また、単にスピーカーユニット背面から出る音を分離するだけではなく、積極的に低音域再生のために活用するエンクロージャー形式もある。
 
== 分類 ==
; [[平面バッフル|平面バッフル、後面開放型(ダイポール型)]]
:[[ファイル:Lautsprecher offen (gefaltet) (loudspeaker).png|thumb|100px]]
: 平面バッフルはスピーカーユニットを単なる平らな板に取り付けて、スピーカーユニット前面から出る音と背面から出る音を分離する形式である。理想的には無限大バッフルのことだが、もちろん実際にそんなものを作るわけにはいかない。現実の有限な平面バッフルでは背面の音が前面に回り込んできて干渉するので、低音域まで再生するにはかなりの大きさの板が必要となる。実用面から平面バッフルの四隅を折り曲げ、後面が開いた箱状にすることがよくあり、後面開放型と呼ばれるが、箱の奥行きが小さければ有限な平面バッフルとほぼ同じものと考えてよい。
:{{-}}
; [[密閉型|密閉型(シールド型)]]
335

回編集