「円唇後舌広母音」の版間の差分

音声学では、本来音読みを用いることになっている
(音声学では、本来音読みを用いることになっている)
{{母音}}{{IPA情報|number=313|text=594|image=Xsampa-Q.png|xsampa=Q|ascii=A.}}
 
'''円唇後舌広母音'''(えんしん・あとじたこうぜつひろこうぼいん)は[[母音]]の種類の一つで、[[基本母音]]の第13番。'''開後舌円唇母音'''(かい・あとじたこうぜつ・えんしんぼいん)ともいう。[[国際音声記号]]では {{IPA|ɒ}} と書く。
 
[[非円唇後舌広母音]] {{IPA|ɑ}} の舌の形で唇を丸めた[[円唇母音]]で発音したもの。舌の最も高い位置が最も後ろにある[[後舌母音]]であり、舌が最も上あごから離れた[[広母音]]である。
*[[ハンガリー語]] - asztal {{IPA|ɒstal}} (テーブル)
 
[[Category:母音|えんしんあとしたひろこうせつこうほいん]]
 
[[de:Gerundeter offener Hinterzungenvokal]]
匿名利用者