「文孝世子」の版間の差分

編集の要約なし
|latin=Crown Prince Munhyo
}}
'''文孝世子'''(ぶんこうせいし、ムニョセジャ、{{lang|ko|문효세자}}、[[乾隆]]47年[[9月7日 (旧暦)|9月7日]]([[1782年]][[10月13日]]) - [[乾隆]]51年[[5月11日 (旧暦)|5月11日]]([[1786年]][[6月6日]]))は、[[李氏朝鮮]]第22代国王[[正祖]]と[[宜嬪成氏]]の息子。名は{{lang|ko|㬀}}(日へんに享)(スン、{{lang|ko|순}})、諡号は文孝。
 
乾隆49年([[1784年]])[[7月2日 (旧暦)|7月2日]]に正式に[[世子]]に冊封されたが、乾隆51年(1786年)5月11日にわずか5歳で夭折する。
匿名利用者