「ウェリントン公爵騎馬像 (旧王立取引所前)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[File:Statue of the Duke of Wellington, Royal Exchange, London EC3 - geograph.org.uk - 1706525.jpg|thumb|right|The statue in 2009. この年にロンドンで開催された[[第2回20か国・地域首脳会合|G20ロンドン・サミット]]の最中に抗議として書かれたと思われる落書きが見える。]]
 
[[ロンドン]]の旧王立取引所前に建つ'''ウェリントン公爵騎馬像'''(equestrian statue of the Duke of Wellington)は、[[イギリス]]の軍人で、政治家[[驫]]しでもあっ初代ウェリントン公爵[[アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)|アーサー・ウェルズリー]]を記念した像の一つである。バンク交差点を見下ろす位置に建つこの像は、フランシス・レガット・チャントリー(Francis Leggatt Chantrey)の作品で<ref name="Baker2002">{{cite book|author=Margaret Baker|title=Discovering London Statues and Monuments|url=https://books.google.com/books?id=pVJLa5jgzQ4C&pg=PA151|year=2002|publisher=Osprey Publishing|isbn=978-0-7478-0495-6|page=151}}</ref>、commemorates ウェリントンの支援 to the City of London in ensuring [[ロンドン橋]]の再建を可能とする法案の通過[[驫]]である。
 
==Description==
この騎馬像はウェリントンの助力 in assisting the passage of the London Bridge Approaches Act 1827 に対するロンドン市の感謝の印としてwas erected。This Act led to the creation of キング・ウィリアム・ストリート(King William Street)。
 
"Wellington" is inscribed on each side of the plinth; on its ends is the inscription "Erected June 18 1844". 台座の基礎部分には金属の銘板が取り付けられ、以下像設立よう趣旨、構想から除幕までの経過が■記さ述べられている。
 
{{Quote|1838年7月19日、the City of London市民議会 agreed to a contribution of £500 toward the cost of the above statue of the Duke of Wellington in appreciation of his efforts in assisting the passage of the London Bridge Approaches Act 1827. This Act led to the creation of King William Street. The government donated the metal, which is bronze from captured enemy cannon melted down after the Battle of Waterloo, 当時の金で£1500の価値があった。像の総費用は£9000であった。The remainder being raised by public subscription.<br>
彫刻家のサー・フランシス・チャントリー(1781 to 1841)はwas commissioned in 1838 but 作品が完成する前にdied. It was finished by his assistant Henry Weekes (1807 to 1877).<br>
The Lord Mayor, William Magnayが1844年6月18日に像の除幕を行った, the anniversary of Waterloo, in the presence of his guest the King of Saxony.
Adjoining the statue, a piece of granite from London Bridge (1825 to 1967) has been set into the pavement by the Corporation of London. The elevational stonework from the same bridge was re-erected over the Colorado River in [[レイクハバスシティ (アリゾナ州)]], Arizona, USA, in 1971.<ref name=LR/>}}
 
==歴史==