メインメニューを開く

差分

[[江戸時代]]には白山嶺上の管理を巡り、美濃馬場の白山本地中宮長滝寺、加賀馬場の白山寺白山本宮、越前馬場の平泉寺との論争が起きる。日本全国の白山神社の半数以上が白山本地中宮長滝寺系統の白山神社であったという。
 
[[慶応]]4年([[明治]]元年、[[1868年]])、[[神仏分離令]]により、長滝白山神社と長瀧寺に分離した。白山本地中宮長滝寺の建物のうち、白山三社、拝殿は長滝白山神社となり、大講堂、薬師堂、弁天堂、鐘楼、経蔵などは長滝寺となる。明治32年([[1899年]])に火災で社殿を焼失し、現在の建物は[[大正時代]]の再建である。
<gallery widths="150" heights="100">
Nagatakihakusan-jinja trii.jpg|[[神明鳥居]]