「酒匂 (軽巡洋艦)」の版間の差分

 
=== 終戦-復員輸送 ===
1945年(昭和20年)12月1日、酒匂は[[復員輸送艦|特別輸送艦]]に指定された。釜山、南洋諸島、ニューギニア、台湾などを航海し、復員輸送に従事した。阿賀野型巡洋艦の定数乗組員約900名に対しこの時点の酒匂には約300名しか乗艦しておらず、武装を撤去し甲板に居住区やトイレが設置された<ref>井川聡『軍艦「矢矧」海戦記』412-413頁「復員航海」</ref>。武装については、主砲は砲塔を残し砲身のみ撤去、その他に高角砲、魚雷発射管、機銃、各射撃指揮装置、探照燈、射出機、13号電探、22号電探なども撤去された<ref>[[#軽巡阿賀野型・大淀]]51頁の写真と解説、[[#JapaneseCruisers]]p.574 Photo 11.3, p.575 Photo 11.4, p.604 Photo11.10など戦後に撮られた写真による。</ref>。乗員の不足を補うため[[予科練]]出身の[[井出定治]]など軍で勤務したことのない者まで集められたが、秩序は維持され、同乗してい豪州。外国海軍の少尉将校敬礼を求める乗り込むこもあったが、大原艦長は敬礼を求めた豪州海軍の少尉に対し「こっちは大佐だ」とやり返したという<ref>井川聡『軍艦「矢矧」海戦記』414頁</ref>。
 
また[[北海道]]の[[函館港]]から[[朝鮮半島]]・[[釜山港]]へ、朝鮮半島出身労働者(約1000名)を送り届けたこともあった<ref name="軽巡25隻249">[[#軽巡二十五隻]]249-250頁『第三話 朝鮮出身者送還』</ref>。当時の乗組員の手記によれば、この時、士官居住区解放を求める朝鮮半島出身労働者と酒匂の乗組員との間に対立が起こった<ref>井川聡『軍艦「矢矧」海戦記』416頁</ref>。だが、酒匂が沖合いに出て猛烈な時化に襲われると彼らは[[乗り物酔い|船酔い]]に悩まされ、交渉は取りやめとなった<ref>井川聡『軍艦「矢矧」海戦記』417頁</ref>。この時、朝鮮系労働者が航海中甲板の至るところで嘔吐・排便排尿をしたため、彼らが下艦した後、その処理に酒匂の乗員は泣かされることになったという<ref>井川聡『軍艦「矢矧」海戦記』417-418頁、「軍艦『酒匂』始末記」</ref>。また釜山港の埠頭には多数の民衆が集まって朝鮮人労務者を歓迎し、英雄として迎え入れた<ref name="軽巡25隻249" />。目撃した岩松(酒匂航海士)は繰り返される[[万歳]]に複雑な想いを抱き、強い印象を受けたと回想している<ref name="軽巡25隻249" />。
7,430

回編集