「ソナチネ (映画)」の版間の差分

(興行収入を配給収入に変更, {{要出典範囲}}, {{Portal 映画}})
{{-}}
==ストーリー==
広域[[暴力団]]・北島組の友好団体組織・中松組が、沖縄の阿南組と争になった。そこで北島組組長の北島とその幹部の高橋は、北島組傘下の村川組組長の村川に、「[[手打ち]]になるだろうから何人か組員を連れて、中松を助けろ」と命令する。
 
数日後、沖縄に上陸しやって来た村川達は上陸早々阿南組による事務所の爆破や銃撃で多数の組員を失う。事態の複雑さを悟った村川達は市街から離れ、沖縄の最先端片田舎にある中松組の隠れ家ヘ避難する。やるべきことが見つからぬまま、暇を持て余した村川達は、偶然に知り合った女・幸を加えまるで子供に戻ったかのように日々遊んで過ごす。
 
やがて中松組から阿南との抗争は手打ちになったと告げられるが、その直後に中松組は何者かの手によって壊滅してしまうするそしてついに魔の手は村川達及び始めた襲撃される。次々に消されていく仲間を見て不審に思った村川は、高橋が沖縄を訪れていることをつかみ、その宿泊しているホテルに向かう。エレベーター内で鉢合わせた高橋は、中松や村川の仲間を消した殺し屋を連れていた。激しい銃撃戦の末、殺し屋を始末した村川は高橋を連れ出す。村川の激しい拷問の末、高橋は事の真実を全て白状した。
 
実は北島組は北海道との抗争に備えて、阿南組と手を組もうと考えていたのだ。だが兄弟分でもある中松組が阿南組と抗争をしていたため、なかなか手を打つ事ができなかった。そこでその抗争をきっかけにして阿南組と手を組み、中松組を潰そうと動き出した。村川達を沖縄ヘ送ったのは中松組を誘き出す為のおとりであり、事を成して用済みになった村川達も中松同様、口封じの為に消そうとしていたのだ。
 
真実を知った村川は、阿南組との会合にやってくる北島をホテルにて待ち伏せる。生き残った最後の中松組組員がホテルの電源を落とし、従業員が騒めく暗闇の中を、村川はマシンガンを手に北島組と阿南組のいる部屋ヘ行き、襲撃し、激しい銃撃戦向かうなる
 
隠れ家へ向かう道で、幸は村川を待っている。その手前で車を止めた村川は、拳銃で自分の頭を撃ち、映画は終わる。
 
==出演者==
匿名利用者