「キノコの部位」の版間の差分

m
 
== 基本体(グレバ:gleba) ==
子実体の内部に胞子を形成するようなキノコの場合、その胞子形成部分を'''基本体'''(または'''グレバ'''、gleba)[[:w:Gleba|gleba]])という。典型的には、出口のない袋状の組織の中に、不規則に(あるいは多少とも規則的に)担子器や[[子嚢]]などの胞子形成細胞が形成される場合、その組織全体を指す。担子菌類の[[腹菌類]]、および[[セイヨウショウロ]](トリュフ)などに見られる。腹菌類では子実体内側に多数の担器が形成されるが、胞子が成熟すると担子器は崩壊・消失する。胞子の外界への放出の方式はさまざまで、袋の先端に出口を生じて吹き出すように出るもの([[ツチグリ (菌類)|ツチグリ]]・[[ホコリタケ]]など)、子実体の結実部を包む組織('''殻皮'''、かくひ)が不規則崩れて散布されるもの([[ノウタケ]]など)、生長の後期に柄(偽柄)が伸びて基本体が押し上げられ、粘液化するとともに異臭を放ち、[[ハエ]]などの昆虫や[[ナメクジ]]などの小動物によって胞子が伝播されるもの([[スッポンタケ]]など)などがある。
 
腹菌類では子実体の内側に多数の担子器が形成されるが、胞子が成熟すると担子器は崩壊・消失する。胞子の外界への放出の方式はさまざまで、袋の先端に出口を生じて吹き出すように出るもの([[ツチグリ (菌類)|ツチグリ]]・[[ホコリタケ]]など)、子実体の結実部を包む組織('''殻皮'''、かくひ)が不規則に崩れて散布されるもの([[ノウタケ]]など)、生長の後期に柄(偽柄)が伸びて基本体が押し上げられ、粘液化するとともに異臭を放ち、[[ハエ]]などの昆虫や[[ナメクジ]]などの小動物によって胞子が伝播されるもの([[スッポンタケ]]など)、果実のような外見から鳥などの動物に誤食されることによって胞子が拡散されると考えられるもの( ''[[:w:Cortinarius porphyroideus|Cortinarius porphyroideus]]'' などの{{仮リンク|セコティオイド菌類|en|Secotioid}})などがある。
 
== 顕微鏡下における所見 ==