「経 (仏教)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
言語的には、[[パーリ語]]・サンスクリット語などのインドのものを初めとして、[[中国語|漢語]]、[[チベット語]]、[[モンゴル語]]、[[満州語]]のものがあり、[[西夏語]]のものも一部現存する。漢語やパーリ語から日本語に訳したものもこれに準じる。
 
また、経・律・論および、その注釈書などは、'''大蔵経'''もしくは'''一切経'''と呼ばれる叢書にまとめられた。この作業は、中国では皇帝名で行われることが多く、編入される書物の基準が厳格で、入蔵録と呼ばれる収録対象とすべき経典のリスト(経録)とセットにされ、基準外のものは蔵外(ぞうがい)と称された。[[昭和]]9年([[1934年]])に、日本で編纂された[[大正新脩大蔵経]]は、より広範囲に中国・日本撰述の典籍も含めている。
 
== パーリ語経典 ==