「ウェリントン公爵騎馬像 (旧王立取引所前)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{Coord|51|30|39|N|0|5|16|W|type:landmark_region:GB|display=title}}
[[File:Statue of the Duke of Wellington, Royal Exchange, London EC3 - geograph.org.uk - 1706525.jpg|thumb|right|The statue in 2009. この年にロンドンで開催された[[第2回20か国・地域首脳会合|G20ロンドン・サミット]]の最中に抗議として書かれたと思われる落書きが見える。]]
[[シティ・オブ・ロンドン|ロンドン]]の旧王立取引所前に建つ'''ウェリントン公爵騎馬像'''(equestrian statue of the Duke of Wellington)は、[[イギリス]]の軍人で、政治家でもあった初代ウェリントン公爵[[アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)|アーサー・ウェルズリー]]を記念したする像の一つである。バンク交差点を見下ろす位置に建つこの像は、フランシス・レガット・チャントリー(Francis Leggatt Chantrey)の作品で<ref name="Baker2002">{{cite book|author=Margaret Baker|title=Discovering London Statues and Monuments|url=https://books.google.com/books?id=pVJLa5jgzQ4C&pg=PA151|year=2002|publisher=Osprey Publishing|isbn=978-0-7478-0495-6|page=151}}</ref>commemorates ウェリントンの支援 to the City of London in ensuring [[ロンドン橋]]の再建を可能とする法案の通過[[驫]]である1844年に除幕された
 
==外観==
[[ロンドン]]の旧王立取引所前に建つ'''ウェリントン公爵騎馬像'''(equestrian statue of the Duke of Wellington)は、[[イギリス]]の軍人で、政治家でもあった初代ウェリントン公爵[[アーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)|アーサー・ウェルズリー]]を記念した像の一つである。バンク交差点を見下ろす位置に建つこの像は、フランシス・レガット・チャントリー(Francis Leggatt Chantrey)の作品で<ref name="Baker2002">{{cite book|author=Margaret Baker|title=Discovering London Statues and Monuments|url=https://books.google.com/books?id=pVJLa5jgzQ4C&pg=PA151|year=2002|publisher=Osprey Publishing|isbn=978-0-7478-0495-6|page=151}}</ref>、commemorates ウェリントンの支援 to the City of London in ensuring [[ロンドン橋]]の再建を可能とする法案の通過[[驫]]である。
 
==Description==
[[File:Statue Of The Duke Of Wellington-Royal Exchange-London.jpg|thumb|Close-up of the statue in 2004]]
像はシティ・オブ・ロンドンの旧王立取引所前、バンク交差点を見下ろす位置に建つ。アーサー・ウェルズリーは■軍人としての功績で知られる人物であるが、この像は[[ロンドン橋]]接続交通の整備を可能とする法案の通過■ため、軍服ではなく■である。"Wellington" is inscribed on each side of the plinth; on its ends is the inscription "Erected June 18 1844". 台座の基礎部分には金属の銘板が取り付けられ、像設立の趣旨、構想から除幕までの経過が■に述べられている。
 
この騎馬像はウェリントンの助力 in assisting the passage of the London Bridge Approaches Act 1827 に対するロンドン市の感謝の印としてwas erected。This Act led to the creation of キング・ウィリアム・ストリート(King William Street)。
 
"Wellington" is inscribed on each side of the plinth; on its ends is the inscription "Erected June 18 1844". 台座の基礎部分には金属の銘板が取り付けられ、像設立の趣旨、構想から除幕までの経過が■に述べられている。
 
==歴史==
18世紀末、それまで600年近く使用されたロンドン橋は老朽化が顕著となり、交通量の増加にも対応できなくなっていたことから、架け替えの必要性が指摘されていた。着工までには曲折があったものの、1824年には工事が始まった。新橋の建設が進むと、今度は新橋を介した道路の整備が提案された。財源に石炭税を充てる前提であったため、炭鉱を所有する貴族は反対したが、アーサー・ウェルズリーは整備の必要性を認識し、法案成立に尽力した<ref>{{cite book|first = Dana |last = Arnold |title = Rural urbanism: London landscapes in the early nineteenth century |pages = 106-107 |location = Manchester |publisher = Manchester University Press |year = 2005 |isbn = 978-0-7190-6820-1}}</ref>。道路は1835年に完成し、当時の国王[[ウィリアム4世 (イギリス王)|ウィリアム4世]]にちなんでキング・ウィリアム・ストリートと名付けられた。
1836年、[[ロンドン市長 (シティ・オブ・ロンドン)|ロンドン市長]]この年[[ジョージ3世 (イギリス王)|ジョージ3世]]騎馬像を制作したマシュー・コーツ・ワイアットRichard WestmacottウェストマコットJohn Edward Carew Thomas Campbell (sculptor)トーマス・キャンベルEdward Hodges Bailyといった名も挙がったが
 
1836年、[[ロンドン市長 (シティ・オブ・ロンドン)|ロンドン市長]]ウィリアム・テイラー・コープランド(William Taylor Copeland)は、道路整備におけるウェルズリーの尽力に感謝の意を示すため、像を建てることを提案した。この年[[ジョージ3世 (イギリス王)|ジョージ3世]]騎馬像を制作したマシュー・コーツ・ワイアットRichard WestmacottウェストマコットJohn Edward Carew Thomas Campbell (sculptor)トーマス・キャンベルEdward Hodges Bailyといった名も挙がったが
While sitting for a later portrait by チャールズ・ロバート・レスリー, Wellington recalled that Chantrey had told him he had a square head.<ref name="Gleig1865">{{cite book|author=George Robert Gleig|title=The life of Arthur, Duke of Wellington|url=https://books.google.com/books?id=_Y5QAAAAYAAJ&pg=PA442|year=1865|publisher=Longmans, Green, Reader, and Dyer|page=442}}</ref>
 
1838年1月、
 
1841年11月、チャントリーが心臓発作で急死し、工房で助手をしていたヘンリー・ウィークス(Henry Weekes)が彫刻を完成させた<ref name=odnb>{{cite web |title = Stevens T. 'Weekes, Henry (1807–1877)', ''Oxford Dictionary of National Biography'' (2004) |url = http://www.oxforddnb.com/view/article/28969 |publisher= Oxford University Press| accessdate = 2014-09-22}}</ref><ref name=LR/><ref>{{citation|title = The Wellington Monument|year = 1970}}</ref>
 
ウェリントン像の除幕式attended 1844年6月18日に行われた自身の像の除幕に<ref name="Baker2002"/><ref name="Timbs1852">{{cite book|author=John Timbs|title=Wellingtoniana: anecdotes, maxims, and characteristics, of the duke of Wellington, selected by J. Timbs|url=https://books.google.com/books?id=BghcAAAAQAAJ&pg=PA66|year=1852|page=66}}</ref> この日は1815年同じ日、[[ワーテルローの戦い]]、ウェリントンが連合軍を率いて[[ナポレオン・ボナパルト]]に勝利したことを記念して選ばれた。式にはウェルズリー自身が出席したほか<ref name="Wilson1844">{{cite book|first author=John Effingham |last = WilsonTimbs|title =Wellingtoniana: Descriptionanecdotes, ofmaxims, theand New Royal Exchangecharacteristics, including an historical notice of the formerduke edificesof andWellington, aselected briefby memoir of Sir TJ. Gresham.|url=https://books.google.com/books?id=RrpCAAAAYAAJ&pg=PA114 Timbs|year = 1844 1852|publisherpage=E. Wilson |pages=114–11666}}</ref>式には[[ヴィクトリア (イギリス女王)]]に会うためロンドンを訪れていたザクセン王[[フリードリヒ・アウグスト2世 (ザクセン王)|フリードリヒ・アウグスト2世]]も出席した<ref>{{cite book|first name="Wilson1844" Effingham |last = Wilson|title = Description of the New Royal Exchange, including an historical notice of the former edifices and a brief memoir of Sir T. Gresham. |year = 1844 |publisher=E. Wilson |pages = 114–116 |chapter = WELLINGTON STATUE.}}</ref>。
 
==脚注==
<references/>
{{Reflist}}
 
==参考文献==
*{{cite book|first = John |last = Physick |title = The Wellington monument |location = London |publisher = Her Majesty's Stationery Office |year = 1970 |isbn = 0-11-290055-0 |ref = harv}}
*{{cite book|first = Philip |last = Ward-Jackson |title = Public sculpture of the city of London |location = Liverpool |publisher = Liverpool University Press |year = 2003 |isbn = 0-85323-967-3 |ref = harv}}
*{{cite book|first = Paul William |last = White |title = On public view: a selection of London's open-air sculpture |location = London |publisher = Hutchinson |year = 1971 |isbn = 0-09-109030-X |ref = harv}}
 
==外部リンク==
* {{Commons category-inline|Equestrian statue of the Duke of Wellington, Royal Exchange, London|旧王立取引所前のウェリントン公爵騎馬像}}
 
<!--
[[Category:野外彫刻]]
[[Category:騎馬像]]
[[Category:野外彫刻]]
[[Category:1844年設立]]
[[Category:イギリスのモニュメントと記念建造物]]
-->