メインメニューを開く

差分

:4船倉式三島型貨物船で、[[IHI|名古屋造船]]等で41隻(制定前から同一要目で建造された[[第二号新興丸|新京丸型]]を含めて50隻)建造された。うち、タービン2隻、レシプロ1隻が応急タンカーに改装された。太平洋戦争で全て戦没し、戦後に1隻が浮揚再生された。
;D型(三島型1,990トン・船尾機関型1,900トン、レシプロ、三島型12ノット・船尾機関型13.5ノット)
:4船倉式三島型貨物船と、2船倉式船尾機関型の2パターンある。三島型は[[藤永田造船所]]等で16隻、船尾機関型は日本海船渠等で45隻(同一要目で建造された船を含むと53隻)建造された。船尾機関型は日之出型貨物船の第二靑山丸の設計元にそのまま踏襲た船型でており非公式。船尾機関型は第二靑山丸型貨物船とも呼ばれる。船尾機関型は非公式で、うち6隻が応急タンカーに改装された。三島型は太平洋戦争で14隻が戦没し、2隻が終戦時残存していた。船尾機関型は太平洋戦争で44隻が戦没し、2隻が終戦時残存していた他、2隻が浮揚再生された。戦後、三島この型をベースとした[[計画造船|第1次計画造船]]KD型が建造されたほか、船尾機関型は戦後に姉妹船1隻が建造された。
;E型(830トン、ディーゼル、10ノット)
:2船倉式三島型貨物船ではあるが、建造数がはっきりしない。
匿名利用者