「スリックタイヤ」の版間の差分

 
== 寿命 ==
市販タイヤと同様にスリックタプサンでコンパウンドの残量で知ることが出来る。 表面は溝スリップサイン用の穴開いており穴が無くめ、市販場合(穴深さに相当する部分まで磨耗)タイヤのように溝の深さをもって寿命を測であことはできない スリックタイヤの寿命は、まずタイヤの接地面を構成するゴムの磨耗状態で決定され、しばしば「コンパウンドが無くなる」と表現される。コンパウンド部分が失われるとグリップ力は急激に低下し、タイヤとしての性能を発揮できなくなる。コンパウンドの残量を知るため、スリックタイヤは通常のタイヤのスリップサインに相当する小さな穴が空けられており、この穴が無くなる(穴の深さに相当する部分まで磨耗する)とタイヤの寿命ということになる。
 
競技中に異常な発熱によりタイヤ表面が沸騰して気泡ができてしまうことがある。これはブリスターと呼ばれ、タイヤの性能は劇的に低下し、ほとんどの場合に交換を余儀なくされ、そのまま走行を続けるとバーストなどを起こす危険がある。