「危険な関係 (1999年のテレビドラマ)」の版間の差分

編集の要約なし
 
== あらすじ ==
[[タクシー]][[運転手]]の魚住新児([[豊川悦司]])は、ある日、19年ぶりに日本に帰国した高校時代の同級生・都築雄一郎([[石黒賢]])を成田空港で偶然客として乗車させることになる。高校時代は優等生だった新児に対し、劣等生だった雄一郎は、大手スーパー「都屋」の御曹司となっており、現在の新児の境遇を見下し嘲笑する。その別れ際、目に余る雄一郎の態度に対し、新児はタクシーで雄一郎を轢き川に捨て、衝動的に殺害してしまう。後日、雄一郎の宿泊先ホテルで社長秘書の若林ちひろ([[篠原涼子]])から雄一郎本人と誤解されたことを契機に、新児は、ある自らの問いに答えを出すため、「都屋社長・都築雄一郎」に成りすますことを決意する。その頃、刑事の速水有季子([[藤原紀香]])は、異物混入ワイン販売による都屋の食品偽装事件を追っていた。
 
== キャスト ==