「酒匂 (軽巡洋艦)」の版間の差分

m
タグミスを修正
m (タグミスを修正)
|乗員 = 計画乗員 700名 + 司令部26名<ref name="Ippan-p22">「二等巡洋艦 一般計画要領書 附現状調査」22頁。</ref>
|搭載量 =
|兵装 = [[50口径四十一式15cm砲|50口径15cm連装砲]] 3基6門 <ref name="Ippan-p4">「二等巡洋艦 一般計画要領書 附現状調査」4頁。</ref><br />[[六〇口径九八式八糎高角砲|九八式8cm連装高角砲]]2基4門 <ref name="Ippan-p4" /><br /> 25mm機銃 3連装10基<br />同 単装機銃18挺、据付台座13基(竣工時)<ref name="A-go">「あ号作戦後の巡洋艦兵装状況一覧表」[[#世界巡洋艦物語]]p.356。</ref><br />同 単装機銃21挺(最終時平時推定)<ref name="矢萩登p24">[[#矢萩登]]p.24。「1/200酒匂甲板敷物配置図」からの推定。</ref><br />同 単装機銃31挺(最終時戦時推定)<ref name="矢萩登p24" /><br />九二式四連装[[魚雷発射管|発射管]]四型2基8門<ref name="Ippan-p6">「二等巡洋艦 一般計画要領書 附現状調査」6頁。</ref><ref group="注釈">梅野和夫[[#阿賀野型の水雷兵装]]によると九二式四連装発射管一型。</ref><br />[[酸素魚雷|九三式一型改一魚雷]]16本<ref name="Ippan-p6" /><br />爆雷投下軌道2本<ref>[[#JapaneseCruisers]]p.604下の写真による。</ref><br />九五式[[爆雷]]18個<ref name="Ippan-p6" />
|装甲 = '''計画'''<ref name="Ippan-p20">「二等巡洋艦 一般計画要領書 附現状調査」20頁。</ref><br />機関部舷側 60mmCNC鋼、甲板 20mmCNC鋼<br />弾火薬庫舷側55mmCNC鋼、甲板20mmCNC鋼<br />舵取機室舷側 30mmCNC鋼、甲板20mmCNC鋼<br />操舵室舷側 30mmCNC鋼
|搭載艇 ='''平時'''<ref>[[#JapaneseCuisers]]p.593</ref><br />11m内火艇1隻<br />9m内火艇1隻<br />12m内火ランチ1隻<br />9mカッター(救助艇)2隻<br />
12月11日より第十一水雷戦隊(司令官[[高間完]]少将)旗艦となる<ref>[[#戦隊行動調書]]p.47『11sd 昭和19年12月11日 将旗ヲ酒匂ヘ』</ref><ref>[[#S1906十一水戦(5)]]pp.22-23『一一(天候略)一三三〇将旗ヲ酒匂ニ移揚ス』</ref><ref group="注釈">高間少将は、1942年7月より第四水雷戦隊司令官として[[第三次ソロモン海戦]]など[[ガダルカナル島の戦い]]に従事。1943年7月20日より[[第二水雷戦隊]]司令官として阿賀野型2番艦[[能代 (軽巡洋艦)|能代]]座乗。12月15日より第十一水雷戦隊司令官。</ref>。
 
第十一水雷戦隊は新造艦艇の訓練を目的に編制された部隊で<ref>[[#S1906十一水戦(6)]]p.3『(イ)第一訓練部隊トシテ内海西部ニ在リテ新造駆逐艦及大修理艦艇ノ急速戰力練成ニ任ズル外一部艦艇海上護衛作戰ニ協力』</ref>、酒匂の編入当時は[[松型駆逐艦]]や[[秋月型駆逐艦]]を主力としていた。[[1945年]](昭和20年)1月8日には、人間魚雷「[[回天]]」母艦に改造された軽巡洋艦[[北上 (軽巡洋艦)|北上]]も第一訓練部隊(第十一水雷戦隊麾下)に編入されている<ref>[[#S1906十一水戦(5)]]p.52『八(天候略)北上第一訓練部隊ニ編入』</ref>。第7駆逐隊に編入される前の[[吹雪型駆逐艦]][[響 (吹雪型駆逐艦)|響]]も短期間所属した<ref>[[#S1906十一水戦(5)]]pp.53-54『一四(天候略)響、第一訓練部隊編入』-『二五(天候略)響7dgニ編入』</ref><ref>>[[#内令昭和20年1月(3)]]p.46『内令第六七號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年一月二十五日|第七驅逐隊ノ項中「潮、」ノ下ニ「響、」ヲ加フ』</ref>。
 
上記にあるように、酒匂は作戦参加の機会もなくもっぱら内地で訓練に従事していた<ref>[[#S1906十一水戦(5)]]p.31『(四)麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動』(一月)</ref><ref>[[#S1906十一水戦(6)]]p.5『(四)麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動』(二月)</ref><ref>[[#S1906十一水戦(6)]]p.34『(四)麾下艦船竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動』(三月)</ref>。
 
1945年(昭和20年)3月には姉妹艦にして[[第二水雷戦隊]]旗艦[[矢矧 (軽巡洋艦)|矢矧]]とともに[[天一号作戦]](戦艦[[大和 (戦艦)|大和]]の[[坊ノ岬沖海戦|沖縄水上特攻作戦]])に参加する予定となり呉に移動したが、直前になって酒匂の出撃は中止された。[[瀬戸内海]]の[[八島 (山口県)|八島]]へ移動<ref>[[#S1906十一水戦(7)]]pp.7-8『(四)麾下艦船部隊竝ニ訓練部隊一時加入艦船ノ行動』(四月)</ref>。5月5日、第7駆逐隊の解隊<ref>[[#内令昭和20年5月(4)]]p.6『内令第三八二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年五月五日 海軍大臣 第七駆逐隊ノ項ヲ削ル』</ref>にともなって響は第105戦隊に編入され、第十一水雷戦隊の指揮下を離れた<ref>[[#S1906十一水戦(7)]]p.4『(ロ)軍隊区分(備考)(1)ハ四月六日迄(2)ハ四月六日以降』</ref><ref>[[#S1906十一水戦(7)]]p.57『五(天候略)北上呉発早瀬着|響105S編入』</ref>。
<small>※『艦長たちの軍艦史』175-176頁に基づく。</small>
=== 艤装員長 ===
#大原利通 大佐:1944年9月25日<ref name="jirei1567" /> - 11月10日<ref name="jirei1643" />
 
=== 艦長 ===
 
== 外部リンク ==
*[http://www.naniwa-navy.com/senki-1-abetatu-sakousimatuki1.html  軍艦『酒匂』始末記]:乗艦していた方の手記
 
{{日本の軽巡洋艦}}
 
{{Warship-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:さかわ}}
[[Category:日本の巡洋艦]]
68,201

回編集