メインメニューを開く

差分

[[1979年]]、仕上専門スタジオとして設立。スタジオの名は、「たとえ小さくとも美しい声で鳴く、[[ヒバリ]]のようなスタジオにしたい」との願いから名づけた<ref>[http://www.style.fm/log/02_topics/top031021.html WEBアニメスタイル「いろんな会社にオジャマしちゃおう! 第3回 スタジオ雲雀」] - 2007年3月23日閲覧</ref>。[[1980年]]、『[[無敵ロボ トライダーG7]]』で1話丸ごとの制作を請け負う[[グロス請け]]を開始した。代表取締役会長の光延幸子は[[日本アニメーション]]の制作協力として[[土田プロダクション]](以下、土田プロ)が制作した『[[がんばれ!ぼくらのヒットエンドラン]]』の[[色彩設定|色彩設計]]として、夫で[[東映動画]]出身のアニメーション監督・演出家の[[光延博愛]]は土田プロ制作作品で各話演出やチーフディレクターとして活動したことから土田プロとの付き合いが深く、設立当初は仕上の請負と土田プロのグロス請けが活動の中心だった。
 
[[1984年]]、[[トップクラフト]]制作の長編アニメーション映画『[[風の谷のナウシカ (映画)|風の谷のナウシカ]]』の仕上協力を担当した。『風の谷のナウシカ』の制作を協力した会社の内、現在もTVアニメなどの制作を元請する会社は、本社と[[動画工房]]、[[アニメインターナショナルカンパニー|AIC]]である
 
[[1985年]]、息子の光延青児が専務取締役となる。翌[[1986年]]に土田プロが[[倒産]]した後は、[[小学館プロダクション]]や[[ケイエスエス]]製作作品の元請制作が中心となった。[[2002年]]、青児が代表取締役社長に就任。[[2006年]]には、自社企画のオリジナルテレビシリーズ『[[おろしたてミュージカル 練馬大根ブラザーズ]]』を手がけた。
5,867

回編集