「ブランドン・リオス」の版間の差分

編集の要約なし
 
2015年11月7日、ラスベガスの[[トーマス&マック・センター]]でWBO世界ウェルター級王者[[ティモシー・ブラッドリー]]と対戦し9回に2度ダウンを奪われ9回2分49秒TKO負けを喫し2階級制覇に失敗した<ref>[http://boxingnews.jp/news/31683/ ブラッドリーがリオスをTKO、WBOウェルター級防衛] Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月8日</ref>。試合後の記者会見で、「俺の体は以前と同じじゃ無くなった。多くの激闘を経験した。もう辞める時だと思う。これ以上戦えるとは思えない。引退する時だ。」と発言し、引退を表明した<ref>{{cite web|url= http://www.boxingscene.com/brandon-rios-officially-retires-from-boxing--97894 |title= Brandon Rios Officially Retires From Boxing |publisher= Boxing Scene.com |date= 2015-11-8 |accessdate= 2015-11-19}}</ref>。
 
2017年6月11日、引退を撤回して約1年7カ月ぶりの試合でアーロン・ヘレラと対戦し7回TKO勝利で復帰戦を飾った。
 
== 獲得タイトル ==
6,029

回編集