「昌原郡」の版間の差分

m
{{Dablink|'''義昌郡'''はこの項目に'''[[Wikipedia:リダイレクト|転送]]されており、'''統一新羅時代に存在した'''義昌郡'''は現在の[[慶尚北道]][[浦項市]]の一部である。}}
{{韓国の地方行政区ステータス
{{朝鮮の事物|
title|行政区画名=昌原郡|
|画像=
hangeul=창원군|
|画像の解説=
hanja=昌原郡|
|位置画像=
katakana=チャンウォングン|
|地図画像=
hiragana=しょうげんぐん|
latin|ローマ字=Changwon-gun|
|ローマ字mr=
|英語表記=
hangeul|ハングル=창원군|
|韓国における漢字=昌原郡
hiragana|平仮名=しょうげんぐん|
katakana|片仮名=チャンウォングン|
|略称=
|統計の年=
|面積=
|総人口=
|男子人口=
|女子人口=
|人口密度=
|世帯数=
|国=
|上位自治体=
|下位行政区画=
|ISO_3166-2=
|行政区域分類コード=
|木=
|花=
|鳥=
|URL=
}}
 
 
'''昌原郡'''(チャンウォンぐん)は、[[大韓民国]][[慶尚南道]]にかつて存在していた郡。近代以降の郡域は現在の[[昌原市]]とほぼ一致し、このほかに加徳島(現:[[釜山広域市]][[江西区 (釜山広域市)|江西区]]の一部)も含んでいた。
125,305

回編集