「ヘリウム」の版間の差分

→‎産出と利用: 新しい資料を追加
(外部リンク切れを修復。)
(→‎産出と利用: 新しい資料を追加)
この発見によって、アメリカ合衆国は一大ヘリウム供給国となった。[[第一次世界大戦]]時、{{仮リンク|リチャード・スレルホール卿|en|Richard Threlfall}}の助言を受けて、[[アメリカ海軍]]は3基の実験的な小規模ヘリウム製造設備に投資をした。これは、空気よりも軽く不燃性のガスを[[阻塞気球]]に使う目的があった。これ以前、ヘリウムガスは通算で 1 m{{sup|3}}も得られていなかったのだが、この計画で生産されたガスは純度 92 % で 5,700 m{{sup|3}} にのぼり<ref name=enc/>、[[1921年]][[12月1日]]に処女航行を行った世界初のヘリウム飛行船 C-7(アメリカ海軍)にも使われた<ref>{{cite book |editor=Emme, Eugene M. comp. |title=Aeronautics and Astronautics: An American Chronology of Science and Technology in the Exploration of Space, 1915–1960 |year=1961 |pages=11–19 |chapter=Aeronautics and Astronautics Chronology, 1920–1924 |chapterurl=http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/Timeline/1920-24.html |publisher=[[NASA]] |location=Washington, D.C. |accessdate=2008-07-20}}</ref>。
 
[[ファイル:Helium monument time capsule in amarillo texas usa.jpg|thumb|200px|[[:en:Don_Harrington_Discovery_Center#Helium Centennial Time Columns Monument|ヘリウムモニュメント]]。1968年、ヘリウム発見100周年を記念してテキサス州アマリロに造られた。]]
第一次世界大戦中、抽出方法は低温によるガスの液化法からそれほど改良されなかったが、生産は続けられた。当初は飛行船などの{{仮リンク|揚力ガス|en|lifting gas}}需要が中心だったが、[[第二次世界大戦]]中にはそれに加え[[アーク溶接]]用の需要が拡大した。{{仮リンク|ヘリウム質量分析計|en|helium mass spectrometer}}も[[原子爆弾]]を製造する[[マンハッタン計画]]で用いられた<ref>{{cite book|chapter=Leak Detection|author=Hilleret, N.|publisher=[[CERN]]|title=CERN Accelerator School, vacuum technology: proceedings: Scanticon Conference Centre, Snekersten, Denmark, 28 May – 3 June 1999 |editor=S. Turner |location=Geneva, Switzerland|url=http://doc.cern.ch/yellowrep/1999/99-05/p203.pdf |format=PDF| year=1999 |pages=203–212 |quote=At the origin of the helium leak detection method was the Manhattan Project and the unprecedented leak-tightness requirements needed by the uranium enrichment plants. The required sensitivity needed for the leak checking led to the choice of a mass spectrometer designed by Dr. A.O.C. Nier tuned on the helium mass.}}</ref>。
 
[[ファイル:Helium monument time capsule in amarillo texas usa.jpg|thumb|200px|[[:en:Don_Harrington_Discovery_Center#Helium Centennial Time Columns Monument|ヘリウムモニュメント]]。1968年、ヘリウム発見100周年を記念してテキサス州アマリロに造られた。]]
[[1925年]]、[[テキサス州]][[アマリロ (テキサス州)|アマリロ]]で[[アメリカ合衆国連邦政府]]は「{{仮リンク|ヘリウム国家備蓄|en|National Helium Reserve}}」を開始した。これは、民間の商用や戦時の軍用目的の飛行船へ供給体制を備えることを目的とした「連邦によるヘリウムの[[国家戦略]]的[[備蓄]]」である<ref name=enc/>。アメリカ軍は[[ドイツ]]へのヘリウム輸出を制限したが、これが水素を用いざるをえなくなった[[LZ 129 (飛行船)|ヒンデンブルク号]]の[[ヒンデンブルク号爆発事故|爆発事故]]の遠因となった。大戦後にヘリウム需要は縮小したが、[[1950年代]]に入ると、[[宇宙開発競争]]や[[冷戦]]を背景とした[[ロケットエンジンの推進剤]]用などへ酸素や水素の冷却用として、ヘリウムの用途は広がった。[[1965年]]、アメリカのヘリウム消費量は戦時中の最大量の8倍にもなった<ref>{{cite journal| author = Williamson, John G.| title = Energy for Kansas| journal = Transactions of the Kansas Academy of Science| volume = 71| issue = 4| pages = 432–438| publisher = Kansas Academy of Science|year =1968| url = http://www.jstor.org/pss/3627447| accessdate = 2008-07-27}}</ref>。「ヘリウム条例1960修正条項」 (Public Law 86–777) 発布後、{{仮リンク|アメリカ合衆国鉱山局|en|United States Bureau of Mines}} (USBM) は、[[カンザス州]]{{仮リンク|ブシュトン市|en|Bushton, Kansas}}にある複数の民間所有ガス精製工場から天然ガス中のヘリウム回収を始め、これを延長 684 km のパイプラインで[[テキサス州]][[アマリロ (テキサス州)|アマリロ]]近郊のクリフサイドにある国家備蓄基地へ集約した<ref name="Russia" />。これらのヘリウム-窒素混合ガスはクリフサイド周辺のガス田に再注入され、純度向上と貯蔵を両立させた<ref>{{cite journal|journal = Federal Register|date = 2005-10-06|volume = 70|issue = 193|pages = 58464|url = http://edocket.access.gpo.gov/2005/pdf/05-20084.pdf|format=PDF| title = Conservation Helium Sale |accessdate=2008-07-20}}</ref>。
 
 
[[2016年]] [[タンザニア]]で大規模なヘリウムガス田が発見されたと報道された<ref>[http://www.cnn.co.jp/business/35085040.html タンザニアに「世界級」のヘリウム田、供給不足を解消も] 2016.06.29 Wed posted at 12:09 JST, CNN.co.jp</ref><ref>[http://www.sciencenewsline.com/news/2016062801070012.html Huge Helium Discovery 'Safeguards Future Supply for MRI Scanners'] BusinessNewsline 2016.6.28</ref>。
<gallery widths="200px" heights="200px">
File:Container 【 4??? 】 UNION HERIUM---No,1 【 Pictures taken in Japan 】.jpg|国際海上での『 ヘリウムガス 』輸送用に、『 [[ユニオンヘリウム]] 』が所有している40[[ft]]型、[[タンクコンテナ]]。<br />※[[コンテナ]]個々の[[コンテナ#構造区分コード]]不明。<br />【 [[兵庫県]]/[[神戸ポートアイランド]]にて 】
File:Container 【 4??? 】 TNCU 011020(7)---No,3 【 Pictures taken in Japan 】.jpg|国際海上での『 ヘリウムガス 』輸送用に、『 [[太陽日酸]] 』が所有している40ft型、タンクコンテナ。<br />※コンテナ個々の構造区分コード不明。<br />【 [[東京都]]/[[大井埠頭]]にて 】
 
</gallery>
 
== 同位体 ==
匿名利用者