「松平忠倶」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''松平 忠倶'''(まつだいら ただとも)は、[[遠江国|遠江]][[掛川藩]]の第2代藩主、後に[[信濃国|信濃]][[飯山藩]]の初代藩主。[[尼崎藩]]桜井松平家3代
 
寛永11年(1634年)、掛川藩主・[[松平忠重]]の長男として生まれる。寛永16年(1639年)に父が死去したため、[[家督]]を継いだ。そして直後に[[江戸幕府|幕府]]から信濃飯山に移封を命じられた。[[正保]]3年([[1646年]])12月、従五位下・遠江守に叙位・任官する。