「中馬馨」の版間の差分

== エピソード ==
* 大阪市長在任中に、[[大阪港]]の[[防潮堤]]新築工事を国に陳情しようと当時の[[大蔵大臣]]だった[[田中角榮]]と会談した時、田中角榮から「大阪港の防潮堤工事は大蔵省が費用を出して国の責任でやろう。しかしその代わり、大阪市内の[[路面電車]]([[大阪市電]])を廃止してもらいたい。[[日本社会党|社会党]]系の市長のあんたが『大阪の路面電車を廃止します』と言えば、[[東京都議会|東京]]の[[自由民主党 (日本)|自民党]]や(東京都の)労働組合も([[東京都電車|東京都電]]の廃止に)反対しないんだ。是非お願いしたい」と言われた逸話がある<ref>[[早坂茂三]]:「早坂茂三の『田中角榮』回想録」85-86頁 小学館 1987年</ref>。
* 大阪市の市域拡張を主張しており、1963年には大阪市会決算特別委員会で「最終的には現在の府下全部を最終的に大阪市域にするのが好ましい」と述べていた<ref>【大阪W選】「2つの大阪」100年論争の結末は? 27日に投開票 産経新聞 2011年11月26日</ref>。
* [[1923年]]、[[関東大震災]]発生当時(早稲田大学在学中であった)、叔母の家に見舞いに行く途中群集に取り囲まれて下富坂警察署に連行され、「死を覚悟」する程の暴行を受けたという<ref>中馬馨『市政に夢を』大阪都市協会(1972年)、p.563</ref>。
* 墓は[[豊中市]]の[[服部霊園]]にあり、墓地使用料と管理料は大阪市が負担していたが、2006年になり大阪市議会の要求で撤去を迫られ、現在、広大な跡地は市民の霊園として利用されている。
17,180

回編集