「高吸水性高分子」の版間の差分

m (42.146.5.228 (会話) による版を 218.251.126.145 による版へ巻き戻し)
(→‎用途: typo;)
他に、[[蓄冷剤]]、ドリップ吸収材、[[結露]]防止剤、[[芳香剤]]、携帯簡易トイレ、[[洗剤]]原料、[[顔料]]分散剤、繊維処理剤、水処理剤、[[製油]]助剤、[[パッキン]]、[[食品添加物]]などの用途がある。
 
用途により、吸水量(吸水倍率)のみならず、吸水速度、保水性(加圧しても水を再放出しない特性)、徐放性、増粘性、[[凝集]]力、耐[[塩基]]性、[[耐候性]]などの異なる特性が求められる。高吸水性のタイプは水溶液重合法、急速水タイプは懸濁重合法というように、目的の適性が得やすい[[重合]]方法が選ばれる。
 
== 歴史 ==