「中村俊輔」の版間の差分

版番64532384を差し戻し。ノート:中村俊輔での議論に基づく対応。
(+{{告知}})
(版番64532384を差し戻し。ノート:中村俊輔での議論に基づく対応。)
[[2015年]]1月、5季連続となる主将への就任が決まった<ref>[http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20150131-1428582.html 36歳の俊輔が5季連続で横浜主将] nikkansports.com 2015年1月31日。2015年2月25日閲覧。</ref>。2月16日に左足首の手術を受け、同月20日に退院<ref>[http://www.nikkansports.com/soccer/news/1437138.html 俊輔退院、長期離脱も早期復帰に意欲] nikkansports.com 2015年2月21日。2015年2月25日閲覧。</ref>。その後4月22日に今季公式戦に初出場を果たすも、5月には肉離れで再離脱となった<ref>{{Cite web|title=横浜FM、4月末に復帰した中村俊輔が太もも肉離れで再離脱…全治3週間|publisher=サッカーキング|date=2015-5-3|accessdate=2015-5-3|url=http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20150503/308954.html}}</ref>。7月19日のガンバ大阪戦で今季はじめてフル出場。同試合で直接フリーキックを決め、J1直接フリーキック得点ランキング単独1位に躍り出た<ref>{{Cite web|title=【横浜M】俊輔、J1単独最多FK弾 極限集中力で“ゾーン”入った|publisher=スポーツ報知|date=2015-7-20|accessdate=2015-8-12|url=http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150719-OHT1T50240.html}}</ref>。このゴールは7月の月間ベストゴールに選ばれた他<ref>{{Cite web|title=7月の月間ベストゴールは横浜FM中村俊輔の直接フリーキックに決定|publisher=サッカーキング|date=2015-8-11|accessdate=2015-8-31|url=http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20150811/339329.html}}</ref>、イギリスメディアからも称賛された<ref>{{Cite web|title=MF中村俊輔の直接FKを英メディアも称賛「ベッカムのように曲げた」|publisher=サッカーキング|date=2015-7-22|accessdate=2015-8-31|url=http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20150722/332947.html}}</ref>。その後、8月29日の浦和戦、10月3日の仙台戦でも直接フリーキックを決め、日本代表に選出されているG大阪の[[東口順昭]]、浦和の[[西川周作]]、仙台の[[六反勇治]]と現役日本代表GK全てから得点を決めている<ref>{{Cite web|title=中村俊輔が直接FKで通算20得点目。今季3本目で自身の持つJ最多記録更新|publisher=フットボールチャンネル|date=2015-10-03|accessdate=2015-8-31|url=http://www.footballchannel.jp/2015/10/03/post111960/}}</ref>。
 
[[2016年]]1月、クラブ史上最長の6季連続となる主将就任が決まった<ref>[http://www.nikkansports.com/soccer/news/1597483.html 横浜MF中村俊輔、井原超えクラブ最長6年目主将] nikkansports.com 2016年1月28日。2016年2月10日閲覧。</ref>。開幕戦はインフルエンザの発症により欠場するも、第2節の福岡戦で初出場し、直接フリーキックを決めた<ref>{{Cite web|title=横浜中村俊輔が鮮やかFK インパクト強く技あり弾|publisher=日刊スポーツ|date=2016-3-6|accessdate=2016-3-6|url=http://www.nikkansports.com/soccer/news/1613126.html}}</ref>。その一方、[[シティ・フットボール・グループ]]の意向が強く反映され、多くの功労者が減俸・戦力外となった強化方針への不信感は強く、シーズン終了後には「マリノス退団へ」との報道も飛び交った。夏頃年末には、共に日本代表で戦った[[名波浩]]率いる[[ジュビロ磐田]]と移籍を視野に交渉した<ref>{{cite news|url=http://www.daily.co.jp/soccer/2016/12/30/0009791295.shtml|title=横浜M主力流出危機…俊輔は磐田と交渉、斎藤らも退団の可能性|publisher=[[デイリースポーツ]]|date=2016-12-30|accessdate=2017-01-08}}</ref>。
 
==== ジュビロ磐田 ====
[[2017年]][[1月7日]]夜、[[共同通信社]]が速報で磐田との大筋契約合意を伝え<ref>{{cite news|url=‪https://this.kiji.is/190425521667966461‬|title=‪横浜M中村、磐田移籍へ‬|publisher=[[共同通信社]]|date=2017-01-07|accessdate=2017-01-08}}</ref>、[[1月8日]]に両クラブから正式に発表された<ref>{{cite press release|url=http://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=5240&year=2017&month=01|title=中村 俊輔選手が完全移籍加入|publisher=[[ジュビロ磐田]]|date=2017-01-08|accessdate=2017-01-08}}</ref>。横浜FMからは年俸1億2000万円の提示を受けていたが「サッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と8000万円を提示した磐田への移籍を決めた<ref>{{cite news|url=http://www.sankei.com/sports/news/170108/spo1701080006-n1.html|title=マリノス中村俊輔、ジュビロ磐田移籍に大筋合意「お金じゃない…」 年俸1億2千万円蹴って8千万円の磐田へ|publisher=[[産経新聞]]|date=2017-01-08|accessdate=2017-01-08}}</ref>。横浜FM側から見ればこの移籍による損失は大きく、公式サイトで声明を出すまでに至っている<ref>{{cite press release|url=http://www.f-marinos.com/news/detail/2017-01-08/150000/121642|title=中村俊輔選手の移籍に関して|publisher=横浜F・マリノス|date=2017-01-08|accessdate=2017-01-08}}</ref>。開幕戦のC大阪戦からスタメンでフル出場し、その試合の走行距離は両チーム合わせて一番だった<ref>{{cite news|url=http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/1784257_m.html?mode=all‪‬|title=38歳中村俊輔、1番走った 磐田10番デビュー‪‬|publisher=日刊スポーツ|date=2017-02-26|accessdate=2017-03-14}}</ref>。3月11日に行われた第3節の[[大宮アルディージャ]]戦で移籍後初の得点を得意のフリーキックで決めた<ref>{{cite news|url=‪http://www.asahi.com/sp/articles/ASK3C42R4K3CUTQP00X.html‬|title=中村俊輔FK、新天地で一閃 GKの逆を突く技あり弾‪‬|publisher=朝日新聞|date=2017-03-11|accessdate=2017-02-26}}</ref>。4月1日、第5節の[[清水エスパルス]]戦では初の[[静岡ダービー]]に挑み、3得点に絡む活躍で勝利に貢献した。
 
=== 日本代表 ===
21,631

回編集