メインメニューを開く

差分

可視光線の撮影とは原理的に異なるので、正確を期して訂正。
 
==概要==
被験者に高周波の磁場を与え、人体内の[[水素]]原子に共鳴現象を起こさせて反応する信号を撮影・センサーで取得し、得られた磁気データを画像に構成する仕組み。水分量が多い脳や血管などの部位を診断することに長けている。MRI装置の[[ガントリー]]の中にはコイルや磁石が搭載され、電流を流す原理を実現する。[[PET]]診断との組み合わせた複合タイプも一部普及しつつある。
 
断層画像という点では、X線[[CT]]と一見よく似た画像が得られるが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目した撮像法であるゆえに、CTで得られない三次元的な情報等(最近は[[コンピュータ断層撮影|CT]]でも得られるようになってきている)が多く得られる。また、[[2003年]]にはMRIの医学におけるその重要性と応用性が認められ、"核磁気共鳴画像法に関する発見"に対して、[[ポール・ラウターバー]]と[[ピーター・マンスフィールド]]に[[ノーベル生理学・医学賞]]が与えられた。
756

回編集