「サウンドデザイナー」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究|date=2017年7月12日 (水) 03:27 (UTC)}}
 
サウンドデザイナーとは、音楽メディアにおいて音を総合的に管轄する人のことであるであり、現在では「 録音された音をデジタル上で処理し演出する人」として認知されている。主に欧米では映像製作において、音楽を総括的に扱うものとして近年、非常によく使われており、主に映画制作、テレビ制作、劇場、録音、ライブパフォーマンス、サウンドアート、[[ポストプロダクション]]、[[ラジオ]]およびビデオゲーム開発など、さまざまな分野において活動する。
 
==概要==
基本は「映像の音を総括する人」であるが意味は多岐に渡り、日本でいうところのサウンドディレクター、効果音製作者、効果音録音技師、舞台音響演出家、作曲家、編曲家、ミキシングエンジニア、[[マスタリングエンジニア]]を意味する場合もある。
 
==サウンドデザインとサウンドデザイナーの歴史==
46

回編集