「サウンドデザイナー」の版間の差分

編集の要約なし
{{独自研究|date=2017年7月12日 (水) 03:27 (UTC)}}
 
サウンドデザイナーとは、音楽メディアにおいて音を総合的に管轄する人のことである。主に欧米では映像製作において、音楽を総括的に扱うものとして使われており、主に映画制作、テレビ制作、劇場、録音、ライブパフォーマンス、サウンドアート、[[ポストプロダクション]]、[[ラジオ]]およびビデオゲーム開発などの現場で活動する。
主に欧米では映像製作において、音楽を総括的に扱うものとして使われており、主に映画制作、テレビ制作、劇場、録音、ライブパフォーマンス、サウンドアート、[[ポストプロダクション]]、[[ラジオ]]およびビデオゲーム開発などの現場で活動する。
 
==概要==
 
そして近代、効果音は録音されたものを使用するようになり、またそれを操る人は「サウンドデザイナー」として、デジタルな現場が新しい舞台として、職業になった。
 
==著名なサウンドデザイナー==
[[ベン・バート]] 『スター・ウォーズ』ではR2-D2の「声」、ライトセーバーの音、ダース・ベイダーの重呼吸音、皇帝のフォース・ライトニングの音を作成している。
 
==出典==
46

回編集