「サウンドデザイナー」の版間の差分

舞台音響家との違いは「デジタルな映像作品の演出も含まれる」ということであろう。日本ではサウンドディレクター、効果音製作者、効果音録音技師、舞台音響演出家、作曲家、編曲家、ミキシングエンジニア、[[マスタリングエンジニア]]を意味する場合もある。
 
==サウンドデザインとサウンドデザイナーの歴史==
サウンドデザイナーという言葉を辿ると、それは過去の演劇や舞台というところから始まる。
先史時代すでに、人類は演劇に音楽を使用することで、感情高め、物語の心情を演出し表現する文化があった。当時のこれらのものは宗教的な慣習として、癒しやコミュニケーションのため、に行われた。古代の日本における、音楽と舞による「[[神楽]]」と呼ばれる演劇もその一つであった。<ref>{{cite book | last = Brazell | first = Karen | year = 1999 | title = Traditional Japanese Theater | publisher = Columbia University Press | isbn = 0-231-10873-7 }}</ref>
46

回編集