「香川真司」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== セレッソ大阪時代 ===
2005年、高校2年生にして[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]・[[セレッソ大阪]]と[[FC東京]]からオファーを受け、前者の本拠地が[[大阪市]][[東住吉区]]と地元[[兵庫県]][[神戸市]]に近かったこともあって<ref>【彼らの心が折れない理由】小松成美 プロサッカー選手・香川真司(5)『[[産経新聞]]』 2012年7月29日 東京朝刊</ref>[[12月18日]]にC大阪と仮契約を交わした<ref name="KobeFA20"/><ref>[http://osaka.nikkansports.com/osc/p-ot-tp3-051219-0019.html C大阪に飛び級入団の高2生・香川真司]([[日刊スポーツ]] 2005年12月19日)</ref>。年が明けて[[2006年]]にC大阪にし、同球団クラブと業務提携していた[[ウィザス高等学校]]([[通信制]])に転校した<ref name="KobeFA20"/>。Jリーグのクラブの育成機関に所属する選手がトップチームに昇格する場合を除き、高校卒業前の選手がJリーグのチームとプロ契約を結んだ例は香川の例以前に前例がなかった。同期の選手には、[[セレッソ大阪U-18]]からトップチームに昇格した[[柿谷曜一朗]]がいる。
 
[[2006年]]シーズンは出場機会を与えられることなく終えた。[[J2]]で迎えた[[2007年]]シーズン中に当時の監督[[レヴィー・クルピ]]によって実力を見出されてレギュラーの座を獲得し、リーグ戦35試合に出場して5得点を記録した。また、[[カナダ]]で開催された[[2007 FIFA U-20ワールドカップ|U-20ワールドカップ]]にも飛び級で選出され、2試合に出場した。なお、そのときFIFAに提出したメンバー表では[[ディフェンダー]]として登録されていた<ref>[http://www.fifa.com/tournaments/archive/u20worldcup/canada2007/teams/team=1888274/squadlist.html Japan (JPN) - Squad List](FIFA.com)</ref>。
=== ボルシア・ドルトムント 時代===
[[File:Shinji kagawa.jpg|thumb|150px|[[サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)|ブンデスリーガ]]優勝を祝う香川]]
[[2010年]][[7月1日]]、育成補償金35万[[ユーロ]](約4000万[[円 (通貨)|円]])<ref>{{Citenews|url=http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1540290.html|title=香川という宝石を掘り当てたドルトムント|publisher=UEFA.com|date=2010-09-29|accessdate=2010-09-30}}</ref> で[[サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)|ブンデスリーガ]]1部の[[ボルシア・ドルトムント]]に移籍した<ref>[http://www.sanspo.com/soccer/news/100511/sca1005111140000-n1.htm C大阪・香川が独ドルトムントへ完全移籍]</ref><ref>代理人の[[トーマス・クロート]]は(以前ドイツでプレーしていた)[[高原直泰]]から「香川という良い選手がいる」とアドバイスがあったことがきっかけで、香川のドルトムント行きにつながったとしている。{{cite news|url=http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/101118/scr1011182335007-n1.htm |title=【欧州サッカー】見出しは「大当たり!」香川、独専門誌の表紙飾る |publisher=産経ニュース |date=2010-11-18 |accessdate=2010-11-19}}</ref>。[[2009年]]12月にドルトムントのホーム試合に招待された香川は、8万を超える観衆が送る大声援に感激し、早い段階でドルトムントへの希望を伝えていたという<ref>『週刊サッカーダイジェスト』11月30日号、日本スポーツ企画出版社、2010年、p.38。</ref>。
 
2010-11シーズンの[[UEFAヨーロッパリーグ 2010-11|UEFAヨーロッパリーグ]][[プレーオフ]]第1戦での[[FKカラバフ]]戦に出場した香川は2得点を挙げ、ドルトムント移籍後の公式戦初得点を記録した<ref>{{Cite news|url=http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-16856720100820|title=サッカー=ELプレーオフ、香川が2ゴールで勝利に貢献|publisher=ロイター|date=2010-08-20|accessdate=2010-08-20}}</ref>。ブンデスリーガ第3節[[VfLヴォルフスブルク]]戦で移籍後のリーグ戦初得点を記録し、第4節[[シャルケ04]]との[[ルールダービー]]にて、「僕が2点取って2-0で勝つ」との公約通りに2得点を挙げ<ref>{{Cite news|url=http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-17299820100920|title=サッカー=香川、「2点取って勝つ」を有言実行|publisher=ロイター|date=2010-09-20|accessdate=2010-09-22}}</ref>、[[キッカー (新聞)|キッカー]]誌、[[ビルト (新聞)|ビルト]]紙等で最高評価点『1』を獲得した<ref>{{Citenews|url=http://www.sanspo.com/soccer/news/100921/scb1009210505006-n1.htm|title=地元紙が香川絶賛「ダービーの英雄に」|publisher=SANSPO.COM|date=2010-09-21|accessdate=2010-09-22}}</ref>。UEFAヨーロッパリーグにおいてはチームは決勝トーナメント進出を逃したが、香川自身は同大会の8試合で4得点を記録した。このシーズンの香川はリーグ前半期17試合で8得点を記録し([[ミッドフィルダー]]として登録された選手の中ではブンデスリーガ1位)、ブンデスリーガ公式サイトにて最優秀選手並みの活躍をしたと報じられ<ref>[http://www.bundesliga.de/de/liga/news/2010/index.php?f=0000171380.php ブンデスリーガ公式サイト]</ref>、キッカー誌が選定するリーグ前半戦の攻撃的ミッドフィルダー部門では最優秀選手に選出された<ref>{{Cite news|url=http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/world/news/20110108-OHT1T00241.htm|title=香川、独キッカー誌のMVPに選出!|publisher=スポーツ報知|date=2011-01-09|accessdate=2011-01-09}}</ref>。[[2011年]]1月には[[国際サッカー連盟]](FIFA)が発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれた<ref>{{Cite news|url=http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1363573.html|title=Players to watch in 2011|publisher=FIFA.com|date=2011-1-13|accessdate=2011-1-14}}</ref>。しかし、[[2011年]]1月の[[アジアカップ]]での負傷により、ドルトムントの9シーズンぶりのリーグ優勝の瞬間をピッチで迎えることはできなかった。それでも、5月14日のブンデスリーガ最終節[[アイントラハト・フランクフルト]]戦の後半43分にサポーターのカガワコールに迎えられ、約4カ月ぶりの実戦復帰を果たした。シーズン後半はこの1試合の出場に留まったものの、シーズン終了後にキッカー誌が選定したブンデスリーガの年間ベストイレブンに名を連ねた<ref>{{Cite news|url=http://mainichi.jp/enta/sports/news/20110520spn00m050015000c.html|title=サッカー:香川真司 独専門誌の今季ベストイレブンに選出|publisher=毎日新聞|date=2011-05-20|accessdate=2011-5-20}}</ref>。
匿名利用者