「スマイルゼミ」の版間の差分

編集の要約なし
'''スマイルゼミ'''とは、[[ジャストシステム]]が運営している[[タブレット端末]]を用いた小学生および中学生向けの通信教育サービスの名称であり、同社の登録商標でもある。20152017年に「イード・アワード20152017 子ども英語教材」で小学生部門の優秀賞を受賞した<ref>[http://www.iid.co.jp/news/award/20152017/childrens_english_teaching_material.html イード・アワード2015 2017「子ども英語教材 | 株式会社イード]</ref>。
 
== 概要 ==
通常の紙の教材ではなく、学習専用タブレット端末を採用することにより、画面内で動く解説、アニメーションを多用した問題、音読録音機能など、従来の紙の学習より効率よく学習できることが主な特徴である。また、漢検や英検の模擬試験に挑戦できる「漢検チャレンジ」「英検チャレンジ」や、高難易度問題カリキュラム「特進コース」など、ハイレベルな学習に特化していることも一つの特徴である。
 
タブレットの特徴を活かして、子どもが学習に飽きないように、専用アプリケーションやインターネットブラウザー、さらに、一般的なAndroidタブレットと同様に使用できる"Androidモード"(中学生向け講座コースのみ)など、様々な機能が含まれている。また、保護者が子どもの学習の様子をいつでも確認できる「みまもりネット」機能も搭載しており、保護者への配慮もされている。
 
当初は小学生向けの講座コースのみだったが、2013年からは中学生向けの講座コースも開講した。なお、小学生向け講座コースのロゴマークは「スマイルゼミ」だが、中学生向け講座コースでは「SMiLE ZEMI」に変更されており、差別化を図っている。(例外として[[スマイルタブレット3]]は小学生向け講座コースでも「SMiLE ZEMI」ロゴマークを採用している。)
 
== タブレット端末 ==
他社のタブレット端末にはない特徴として、最初から液晶保護フィルムが付属、もしくは貼り付けられている。また、スマイルゼミのアプリケーションはシステム権限を持つため、全ての端末においてあらかじめ[[root化]]された状態で配布されている。
 
===小学生向けコースのタブレット端末===
初代:'''[[スマイルゼミ専用タブレット]]'''
 
[[Android]]5.1を搭載した10.1インチタブレット。この代から[[京セラ]]が製造する国産モデルとなり、中学生向けモデルと同じモデルになる。また、電磁誘導方式デジタイザーに対応したため、タッチペンの書き心地が飛躍的に上昇している。カラーは、表面・背面共に黒になっており、専用カバーは水色とピンクのカバーのいずれかが配布されている。
 
===中学生向けコースのタブレット端末===
初代:'''[[スマイルタブレットJH]]'''
 
*"「教えたがる男」国語篇" "「教えたがる男」数学篇"<ref>[https://smile-zemi.jp/info/cm/ 「スマイルゼミ」新TV-CMのご紹介|タブレットで学ぶ小学生・中学生向け通信教育「スマイルゼミ」]</ref>
2017年1月から放映。[[藤木直人]]を起用。CMソングは[[Wacci]]の書き下ろし新曲。
 
==受賞歴==
*「イード・アワード2017 子ども英語教材」 小学生部門 優秀賞
*「イード・アワード2015 子ども英語教材」 小学生部門 最優秀賞<ref>[http://www.iid.co.jp/news/award/2015/childrens_english_teaching_material.html イード・アワード2015 子ども英語教材 | 株式会社イード]</ref>
 
== 脚注 ==
216

回編集