「宇佐神宮」の版間の差分

編集の要約なし
宇佐神宮の[[神職]]を束ねる大宮司は、宇佐神宮を顕した大神比義の子孫(中央から派遣された氏族ともされる)の[[大神氏 (豊後国)|大神氏]]が務めた。
 
平安時代中頃までは大神氏が務めたが、神主職を菟沙津彦 ([[神武東征#あらすじ|ウサツヒコ]]) らの子孫・[[宇佐氏]]に譲って歴代祝職となり、宇佐氏が大である司職を世襲した。成氏、到津氏、岩根氏、安心院氏([[安心院公正#出自]]を参照のこと)も大宮司だっを世襲した。その後、一族で大宮司を争うことになる。
 
鎌倉時代末期の宇佐公世の代から宇佐氏は2家に分かれ、兄の公成が宮成家、弟の公連が到津家を称した。以後この2家が交互に大宮司職を継ぎ明治に至っている。なお、一時宇佐氏一族の出光氏も大宮司となっている。
匿名利用者