「金丸恭文」の版間の差分

編集の要約なし
== 人物 ==
; プロフィール
: [[大阪府]][[枚方市]]生まれ、[[大田弘子]]と同郷の[[鹿児島県]][[鹿児島市]]った
: 1978年、[[神戸大学]]工学部計測工学科を卒業後、税理士や公認会計士向けの情報サービスを手掛ける株式会社[[TKC]]に入社。[[汎用機]]が主流だった当時に小型機開発のプロジェクトに配属され、この社運を賭けたプロジェクトに加わったことで可能性の大きなPCの世界へと導かれていく。
: {{要出典範囲|date=2016年11月8日 (火) 11:41 (UTC)|1981年に[[IBM PC]]が発売されたのに触発され、「16ビットパソコン開発のプロジェクトリーダーになること」を条件に}}<ref>[http://kigyoka.com/news/magazine/magazine_20141120_6.html 企業家倶楽部2001年8月号 特集第3部 編集長インタビュー]</ref>、1982年[[ロジック・システムズ・インターナショナル]]株式会社(現[[ロジック (企業)|ロジック]]株式会社)に転職。{{要出典範囲|date=2016年11月8日 (火) 11:41 (UTC)|1985年大手他社がさじを投げるほどの厳しい納期と予算のなか、[[セブン-イレブン]] の店舗情報分析用コンピュータ3000台を開発し納品。一躍脚光を浴びる}}<ref>[http://www.news24.jp/articles/2016/10/06/06342979.html 日テレNEWS24 金丸恭文氏、「勝ち続ける」方程式]</ref>。
* [[2015年]] - 7月、 同 代表取締役会長CEO就任
* [[2016年]] - 4月、[[フューチャー (企業)|フューチャー]]株式会社に商号変更、代表取締役会長兼社長グループCEO就任(現任)
 
 
'''公職'''
* [[2001年]] - [[東洋経済新報社]]「アントレプレナー賞」受賞<ref>{{PDFlink|[http://www.toyokeizai.net/corp/release/pdf/toyo_pr_20011105.pdf 2001年度「東洋経済賞」「高橋亀吉記念賞」「アントレプレナー賞」決定]}} - 東洋経済新報社 ニュースリリース2001年11月5日閲覧</ref>
**[[企業家ネットワーク]]企業家賞「IT革命支援賞」受賞
 
== 関連項目 ==
* [[牛尾治朗]]
 
== 出典 ==
匿名利用者