「熱可塑性樹脂」の版間の差分

見出しの階層飛び修正。「参照方法」追加。
(合成樹脂 2017年5月24日 (水) 08:07 の一部転記)
(見出しの階層飛び修正。「参照方法」追加。)
 
== 熱可塑性樹脂の例 ==
==== 汎用プラスチック ====
家庭用品や電気製品の外箱(ハウジング)、雨樋や窓の[[サッシ]]などの建築資材、フィルムやクッションなどの梱包資材等、比較的大量に使われる。
 
 
==== エンジニアリング・プラスチック ====
{{main|エンジニアリングプラスチック}}
家電製品に使われている[[歯車]]や[[軸受け]]、CDなどの記録媒体等、強度や壊れにくさを特に要求される部分に使用される。略して'''エンプラ'''とも呼ばれる。
 
==== スーパーエンジニアリングプラスチック ====
{{main|エンジニアリングプラスチック}}
特殊な目的に使用され、エンプラよりもさらに高い熱変形温度と長期使用出来る特性を持つ。略してスーパーエンプラとも呼ばれる。
 
== 参考文献 ==
{{参照方法|date=2017年7月|section=1}}
* 藤田泰宏, 牛田善久. "熱可塑性樹脂." 高分子 34.5 (1985): 394-397.
* 井上隆. "[https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/57/11/57_11_668/_pdf 熱可塑性エラストマー 熱可塑性エラストマーの構造と物性.]" 日本ゴム協会誌 57.11 (1984): 668-675.