「姫神」の版間の差分

略歴、リンク追加、その他加筆修正
(→‎外部リンク: 公式サイトリニューアル公開に伴い編集。)
(略歴、リンク追加、その他加筆修正)
'''姫神'''(ひめかみ)は、[[日本]]の[[ミュージシャン]]である。
 
ユニット名は、[[岩手県]][[盛岡市]]にある[[姫神山 (岩手県)|姫神山]]に由来する。
== ユニット名の由来 ==
 
[[岩手県]][[盛岡市]]にある、[[姫神山 (岩手県)|姫神山]]に由来する。
岩手県を活動拠点とし、[[東北地方]][[民謡]][[民族音楽]]に影響を受けた楽曲を作り続けている。こぶし([[メリスマ]])を織り込んだメロディーラインが大きな特徴で、シンセサイザーを用いたインストゥルメンタルを中心に製作していたが、90年代後半以降は姫神ヴォイスなどの歌声や生楽器を取り入れた楽曲も多く作られている
 
シンセサイザーを用いた[[インストゥルメンタル]]を中心に製作していたが、[[1990年代]]後半以降は、姫神ヴォイスなどの歌声や生楽器を取り入れた楽曲も多く作られている。
 
== メンバー ==
* 初代(1980~2004年):[[星吉昭]]
* 二代(2004年~):[[星吉紀]]
** 星吉昭の長男で、1978年生まれ。1994年以降、作曲も含め姫神のアルバム制作に参加。また、コンサートにも[[シンセサイザー]][[パーカッション]]の奏者として出演。2004年10月1日の星吉昭の死去に伴い、姫神を継承した。2008年には新体制となって初のアルバムをリリース
** 2004年10月1日の星吉昭の死去に伴い、姫神を継承した。2008年には新体制となって初のアルバム「天∴日高見乃國」をリリース。
** [[一関コミュニティFMFM|一関コミュニティFM「エフエムあすも」]]の番組「姫神・星吉紀の北天幻想」でパーソナリティを務めている。[[平泉町]]観光大使。岩手県文化特使。 
* 姫神ヴォイス:中島和子・志和純子・西風沢里絵
** 姫神(初代)が[[ブルガリアン・ヴォイス]]にヒントを得て結成した、女性の[[地声]][[合唱団]]
** 姫神はシンセサイザー奏者の星吉昭(現在は星吉紀)の[[ソロユニット]]なので、厳密には姫神ヴォイスはメンバーではないが、90年代後半以降の楽曲の多くに参加、コンサートにも出演している。
 
== 概要 略歴==
* [[1971年]] 星吉昭、[[ビクター]]電子音楽コンクールでグランプリを受賞し、シンセサイザー・ミュージックの先駆者としての歩みを始める。
岩手県を活動拠点とし、東北地方の民謡や民族音楽に影響を受けた楽曲を作り続けている。こぶし([[メリスマ]])を織り込んだメロディーラインが大きな特徴で、シンセサイザーを用いたインストゥルメンタルを中心に製作していたが、90年代後半以降は姫神ヴォイスなどの歌声や生楽器を取り入れた楽曲も多く作られている。
 
* [[1971年]] 星吉昭、ビクター電子音楽コンクールでグランプリを受賞し、シンセサイザー・ミュージックの先駆者としての歩みを始める。
* [[1980年]] 星吉昭(キーボード)、佐藤将展(ドラムス)、大久保正人(ギター)、伊藤英彦(ベース)の4名で、「'''姫神せんせいしょん'''」結成。
* [[1981年]] キャニオン・レコード(現・[[ポニーキャニオン]])からシングル「[[奥の細道 _(姫神のシングル)|奥の細道]]」でデビュー。同年1stアルバム「奥の細道」発売。シ、キャニオセサイザ・レコを用いて原ド(現日本の風景を描き、注目を集める。同年、「奥の細道」が「[[IBC TOP40ポニーキャニオン]]」でインストゥルメンタルでは異例の最高位3位(リクエストでは1位を記録。年間チャからデビュトでは7位
* [[1981年]] ファーストアルバム「[[奥の細道_(姫神のアルバム)|奥の細道]]」発売。シンセサイザーを用いて原・日本の風景を描き、注目を集める。「奥の細道」は同年、[[IBC岩手放送|岩手放送]]「[[IBC TOP40]]」でインストゥルメンタルでは異例の最高位3位(リクエストでは1位)を記録。年間チャートでは7位。
* [[1984年]] 姫神せんせいしょん解散。ユニット名を'''姫神'''と改め、星吉昭のソロユニットとなる。岩手県[[和賀郡]][[東和町 (岩手県)|東和町]](現在の[[花巻市]])を活動の拠点とする。一貫して東北の地から「北人[[霊歌]]」とも呼ばれる音楽を発信し続け、やがて世界的に注目されていく。
* [[1985年]] [[日本放送協会|NHK]]の紀行番組「ぐるっと海道3万キロ」の音楽を担当。
* [[1985年]] [[TBSテレビ]]「[[そこが知りたい]]」のシリーズ企画「[[そこが知りたい#日本全国各駅停車路線バスの旅|日本全国各駅停車路線バスの旅]]」のBGMとして、アルバム「奥の細道」の曲「蛍」、アルバム「姫神伝説」の曲「うたげ」「鳥のごとく」が使用される。視聴者より放送局へ問い合わせが相次ぎ同年CD化。
* [[1994年]] アルバム「東日流」(つがる)で、星吉昭の長男である星吉紀が作曲した楽曲が加わる。この頃より、星吉紀がシンセサイザー奏者として参加するようになる。
* [[19971994年]] [[TBSテレビ|TBS]]系TVドキュメント番組アルバム[[神々の詩]]東日流(つがる)で、星吉昭テーマ長男である星吉紀が作を担当、大きな反響を呼ぶた楽曲が加わる。この頃より、ヴォ星吉紀がシンセサスを取り入れザー奏者として参加す曲が多くようになる。
* [[1997年]] TBSテレビのドキュメント番組「[[神々の詩]]」のテーマ曲を担当し、大きな反響を呼ぶ。この頃より、ヴォイスを取り入れる曲が多くなる。
* [[1998年]] アルバム「縄文海流~風の縄文III」で、[[第40回日本レコード大賞]]企画賞を受賞。
* [[2000年]] [[エジプト]]・[[スフィンクス]]広場([[ピラミッド]]前)、[[イスラエル]]・[[エルサレム]]ミュージアム広場でコンサートを開き、注目を集める。
* [[2002年]] [[レコード会社]]をこれまでのポニーキャニオンから[[東芝EMI]](現・[[ユニバーサルミュージック (日本)|ユニバーサルミュージック/EMIレコーズ・ジャパンレーベル]])に移籍。
* [[2004年]] ユニットの核を星吉紀へと改める。[[10月1日]] 星吉昭死去。[[平泉]][[毛越寺]]で葬儀。[[12月31日]]、星吉昭に[[第46回日本レコード大賞]]特別功労賞が贈られる。以降、姫神は星吉紀に引き継がれ、活動を継続
* [[2004年]][[10月1日]] 星吉昭死去。[[平泉]][[毛越寺]]で葬儀。
* [[2007年]] [[10月]]にコンサート会場で姫神通算23作目、新体制となってからは初のアルバム「天∴日高見乃國」先行発売(レーベルは[[aten music]])。
* [[2004年]][[12月31日]] 星吉昭に[[第46回日本レコード大賞]]特別功労賞が贈られる。以降、姫神は星吉紀に引き継がれ、活動を継続。
* [[2008年]] [[2月4日]]、「天∴日高見乃國」WEB先行発売。[[4月2日]]に一般店頭発売開始。また、世界遺産登録が見込まれていた[[岩手県]][[平泉]]のイメージ音楽「浄土悠遠」を製作。[[5月24日]]より新曲「水火の天弓」とアルバム「天∴日高見乃國」を着うたフル/着うたで配信。
* [[2007年]] [[10月]] コンサート会場で姫神通算23作目、新体制となってからは初のアルバム「天∴日高見乃國」先行発売(レーベルは[[aten music]])。
* [[2011年]] [[KAGAYA]]スタジオ製作の全天周プラネタリウム番組「スターリーテイルズ」の音楽を担当し、[[Origa]](オリガ)と初コラボレーション。引き続きボーカルにOrigaを迎え、流氷をテーマにしたドキュメント番組の音楽として「奇跡の恵み」など2曲製作。この2曲は、売り上げ全額が[[東日本大震災]]の義援金となるダウンロード販売が行われた。また、姫神史上初めてレーベルをまたいで選曲されたベスト盤「姫神ゴールデン☆ベスト」発売(「水火の天弓」初CD化)。
* [[2008年]] [[2月4日]] 「天∴日高見乃國」WEB先行発売。[[4月2日]]一般店頭発売開始。また、[[世界遺産]]登録が見込まれていた[[岩手県]][[平泉]]のイメージ音楽「浄土悠遠」を製作。[[5月24日]]より新曲「水火の天弓」とアルバム「天∴日高見乃國」を着うたフル/着うたで配信
* [[2013年]] [[2月17日]]放送のTBS系ドキュメンタリー「天空の方舟」の音楽を担当。提供した楽曲を含む全9曲を収録したアルバム「天空への旅〜Himekami TV Omnibus〜」をiTunes、Amazon MP3等で配信リリース(AmazonではCD-R版も発売)。[[11月20日]]、東京スカイツリータウン“天空”のプラネタリウム番組「~花鳥風月~ 星ごよみ」のサウンドトラックをリリース。
* [[2008年]] [[5月24日]] 新曲「水火の天弓」とアルバム「天∴日高見乃國」を[[着うたフル]]/[[着うた]]で配信。
* [[2014年]] [[KAGAYA]]スタジオ製作の全天周プラネタリウム番組「富士の星暦」の音楽を担当。[[4月2日]]、コーラスグループのミステラ・フェオとのコラボによる童謡・唱歌のアルバム「信州宝歌 童謡・唱歌 ~春・夏~」をリリース。[[11月29日]]、中国・上海でコンサート。会場で新曲「虹橋」を収録したCDを限定販売。
* [[20152011年]] [[KAGAYA]]スタジオ製作の全天周[[プラネタリウム]]番組「スタロラの調べリーテイルズ」の音楽を担当し、[[Origa]](オリガ)と初[[コラボレーション]]。引き続きボーカルにOrigaを迎え、[[流氷]]をテーマにしたドキュメント番組の音楽として「奇跡の恵み」など2曲製作。この2曲は、売り上げ全額が[[東日本大震災]]の[[義援金]]となる[[ダウンロード販売]]が行われた
* [[2011年]] 姫神史上初めてレーベルをまたいで選曲された[[ベスト盤]]「姫神ゴールデン☆ベスト」発売(「水火の天弓」初CD化)。
* [[2016年]] [[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[アイキャラ]]」の企画「ひらがな男子」のPVの音楽を担当。[[7月9日]]、2年ぶりとなる中国・上海でのコンサートを開催。[[11月12日]]、「オーロラの調べ」のサウンドトラックを配信リリース(姫神初のハイレゾ版も配信)。[[11月12日|11月30日]]、「富士の星暦」のサウンドトラックを配信リリース。
* [[2013年]] [[2月17日]]放送のTBSテレビドキュメンタリー「天空の方舟」の音楽を担当。提供した楽曲を含む全9曲を収録したアルバム「天空への旅〜Himekami TV Omnibus〜」を[[iTunes]][[Amazon]] MP3等で配信リリース(Amazonでは[[CD-R]]版も発売)。[[11月20日]]、東京スカイツリータウン“天空”のプラネタリウム番組「~花鳥風月~ 星ごよみ」のサウンドトラックをリリース
* [[2013年]] [[11月20日]]、[[東京スカイツリータウン]]内[[コニカミノルタプラネタリウム#コニカミノルタプラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウンプラネタリウム|コニカミノルタプラネタリウム「天空」]]のプラネタリウム番組「~花鳥風月~ 星ごよみ」の[[サウンドトラック]]をリリース。
* [[2014年]] [[KAGAYA]]スタジオ製作の全天周プラネタリウム番組「富士の星暦」の音楽を担当。[[4月2日]]、コーラスグループのミステラ・フェオとのコラボによる[[童謡]][[唱歌]]のアルバム「信州宝歌 童謡・唱歌 ~春・夏~」をリリース。[[11月29日]]、中国・上海でコンサート。会場で新曲「虹橋」を収録したCDを限定販売
* [[2014年]] [[11月29日]]、[[中国]]・[[上海]]でコンサート。会場で新曲「虹橋」を収録したCDを限定販売。
* [[2015年]] KAGAYAスタジオ製作の全天周プラネタリウム番組「オーロラの調べ」の音楽を担当。
* [[2016年]] [[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[アイキャラ]]」の企画「ひらがな男子」の[[プロモーション・ビデオ]]の音楽を担当。
* [[2016年]] [[7月9日]]、2年ぶりとなる中国・上海でのコンサートを開催。
* [[2016年]] [[日本テレビ放送網|日本テレビ]]「[[アイキャラ]]」の企画「ひらがな男子」のPVの音楽を担当。[[7月9日]]、2年ぶりとなる中国・上海でのコンサートを開催。[[11月12日]]、「オーロラの調べ」のサウンドトラックを配信リリース(姫神初の[[ハイレゾリューションオーディオ|ハイレゾ]]版も配信)。[[11月12日|11月30日]]、「富士の星暦」のサウンドトラックを配信リリース。
 
== ディスコグラフィ ==
* 姫神(初代:星吉昭)
** [[まほろば (姫神 with YAS-KAZ)|まほろば]] (1984年・姫神 with YAS-KAZ)
** 海道 (1985年・姫神 with [[YAS-KAZ)KAZ]]) - [[日本放送協会|NHK]]TV「ぐるっと海道3万キロ」サウンドトラック
** 北天幻想 (1986年)
** 雪譜 (1987年)
** イーハトーヴォ日高見 (1990年)
** [[ZIPANGU姫神]] (1992年)
** [[炎 -HOMURA-]] (1993年) - この中の1曲「風の祈り」は、[[炎立つ_(NHK大河ドラマ)|NHK大河ドラマ「炎立つ」]]内のコーナー「炎紀行」のテーマ曲。
** 東日流 (つがる)(1994年)
** [[マヨヒガ (姫神のアルバム)|マヨヒガ]] (1995年)
=== ライブアルバム ===
* 姫神 浄土曼陀羅(1995年、PCCR-00171)
 
=== ベストアルバム ===
* 姫神ベスト(1987年、D32P-6184)
=== サウンドトラック ===
* 映画「[[遠野物語 (映画)|遠野物語]]」サウンドトラック(1982年) - 未CD化。主題歌は[[NSP (バンド)|NSP]]。
* 「スターリーテイルズ サウンドトラック」(2011年) - [[KAGAYA]]スタジオ製作の全天周プラネタリウム番組のサントラ。ボーカルの[[Origa]](オリガ)と初コラボレーション。[[DAISHI DANCE]]、[[Language]]、[[渡部高士]]、[[鈴木光人]]によるリミックス曲も収録。
* 「天空への旅 ~Himekami TV Omnibus~」(2013年) - 北海道放送製作のドキュメンタリー番組に提供した楽曲をまとめたアルバム。全9曲の内、オリガOrigaとのコラボ作品が4曲収録されている。また、「雪の女神」は番組では使用されていないオリジナル曲。配信リリースという形だが、AmazonではCD-R版も販売されている。
* 「~花鳥風月~ 星ごよみ サウンドトラック」(2013年) - 東京スカイツリータウンのプラネタリウム天空のヒーリング番組のサントラ。全12曲収録で、すべてシンセサイザーのみのインスト曲。CD版には曲間に自然音のSEが入っているが、ダウンロード版には入っていない。
* 「富士の星暦」サントラCD付フォトブック (2014年) - KAGAYAスタジオ製作の全天周プラネタリウム番組のフォトブックに、姫神によるサウンドトラックCDCDがセットになったもの。CDCD単体での発売はされていない。姫神がアレンジしOrigaが歌う唱歌「ふじの山」など5曲収録。2015年に新バージョンが発売されたが、収録曲に変更はない。
* 「オーロラの調べ サウンドトラック」 (2016年) - KAGAYAスタジオ製作の全天周プラネタリウム番組のサントラ。配信リリースのみだが、姫神として初めて[[ハイレゾリューションオーディオ|ハイレゾ]]での配信もされている。
* 「富士の星暦 サウンドトラック」 (2016年) - KAGAYAスタジオ製作の全天周プラネタリウム番組のサントラ。配信リリースのみだが、[[ハイレゾリューションオーディオ|ハイレゾ]]での配信もされている。初リリース3曲含む全8曲収録。サントラCD付フォトブックや「天空への旅」で既発表の曲も含まれるが、アレンジが異なる。
 
== 脚注 ==
 
== 関連項目 ==
* [[一関コミュニティFM]] - 「エフエムあすも」の番組「姫神・星吉紀の北天幻想」でパーソナリティを務める。
* [[テレビ岩手]] - 同局の[[ニュースプラス1いわて]]の音楽を担当。
* [[関西テレビ放送]] - アルバム「姫神風土記」の中の曲「星はめぐり~雪わたり」が、かつてクロージングのBGMで使われていたことがあった。
* [[パソコンサンデー]] - アルバム「奥の細道」の中の曲「Gun-Do」が、かつてオープニングBGMとして使われていたことがあった。
* [[エフエム沖縄]] - 「海道を行く」がクロージングに使われている。
* [[TBSテレビ]]「[[そこが知りたい]]」 - 1985年からのシリーズ企画「[[そこが知りたい#日本全国各駅停車路線バスの旅|日本全国各駅停車路線バスの旅]]」のBGMとして、アルバム「奥の細道」の曲「蛍」、アルバム「姫神伝説」の曲「うたげ」「鳥のごとく」が使用された。
* [[幻想水滸伝III]](ゲーム) - OP曲(「愛を超えて」)を提供。
* [[関西テレビ放送]] - アルバム「姫神風土記」の中の曲「星はめぐり~雪わたり」が、かつてクロージングBGMで使われていたことがあった。
* [[アイキャラ]] - 「ひらがな男子」PVの音楽を担当。
* [[パソコンサンデー]] - アルバム「奥の細道」の中の曲「Gun-Do」が、かつてオープニングBGMとして使われていたことがあった。
* [[幻想水滸伝III]](ゲーム) - OPオープニング曲(「愛を超えて」)を提供。
* [[アイキャラ]] - 「ひらがな男子」PVプロモーション・ビデオの音楽を担当。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者