「スターブレード」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 概要 ==
「戦闘機に乗り込んで戦う」という一人称視点を採用したゲームである。ただし、プレイヤーはその操縦には触れず、パイロットではなく砲手を担当する。つまり、実際はオーソドックスな[[ガンシューティングゲーム]]である。決められた進路と視野運動に沿って現れる敵を、両手で持つ大きな火砲型コントローラ(ガンシューティングとしては非常に取り回しの難しい大きさ)で狙い撃ち落す。映画『、オーソドックスな[[スタガンシュ・ウォティングゲズ・シリーズ]]』等見られるような宇宙戦闘を体感できる。内容は視覚、聴覚、触覚を刺激する“スター・ウォーズシミュレーター”と言えるものだった。事実、敵(及び味方)艦隊やアステロイドの間をすり抜けながらの飛行や敵勢力の惑星型最終兵器「レッド・アイ」への侵入突撃や、整列した建造物群の溝状の合間に上空から急降下で入り込んだりするなど、演出面で『スター・ウォーズ』を意識したような所が多くみられる。
 
映画『[[スター・ウォーズ・シリーズ]]』等で見られるような宇宙戦闘を体感できる。内容は視覚、聴覚、触覚を刺激する“スター・ウォーズシミュレーター”と言えるものだった。事実、敵(及び味方)艦隊やアステロイドの間をすり抜けながらの飛行や敵勢力の惑星型最終兵器「レッド・アイ」への侵入突撃や、整列した建造物群の溝状の合間に上空から急降下で入り込んだりするなど、演出面で『スター・ウォーズ』を意識したような所が多くみられる。
システム基板には、同社の[[SYSTEM21]](ポリゴナイザー)を採用している。本作では画面に登場する全てのオブジェクトが合計5基の[[デジタルシグナルプロセッサ|DSP]]によってリアルタイムに生成・描画されている。本作に関連する『[[ギャラクシアン3|ギャラクシアン<sup>3</sup>]]』でも、[[国際花と緑の博覧会]]の[[パビリオン]]に出展したバージョンではリアルタイムレンダリングを行っている(その後のバージョンでは背景などをレーザーディスクの映像に置き換え、得点に関わる部分だけをレンダリングしている)。
 
システム基板には、同社の[[SYSTEM21]](ポリゴナイザー)を採用している。本作では画面に登場する全てのオブジェクトが合計5基の[[デジタルシグナルプロセッサ|DSP]]によってリアルタイムに生成・描画されている。本作に関連する『[[ギャラクシアン3|ギャラクシアン<sup>3</sup>]]』でも、[[国際花と緑の博覧会]]の[[パビリオン]]に出展したバージョンではリアルタイムレンダリングを行っている(その後のバージョンでは背景などをレーザーディスクの映像に置き換え、得点に関わる部分だけをレンダリングしている)
SYSTEM21ではテクスチャマッピングが施すことができないものの、逆にごまかすことのできない造型に依存した表示手法であることから、シーンによっては極端に精密なモデリングが行なわれており、そこに組み合わされる細かい[[ビットマップ]]による文字情報やワイヤーフレームが豊かな表現力を見せた。
 
SYSTEM21ではテクスチャマッピングが施すことができないものの、逆にごまかすことのできない造型に依存した表示手法であることから、シーンによっては極端に精密なモデリングが行なわれており、そこに組み合わされる細かい[[ビットマップ]]による文字情報やワイヤーフレームが豊かな表現力を見せた。
 
リアルタイムレンダリングポリゴンによるソリッド感と、ブリーフィングを除きゲームスタートからエンディングまでワンカットで進行する継ぎ目のないゲーム進行、乗り込み形の半開放式大型筐体によるダイナミックな宇宙空間の表現が臨場感を強調させた。
 
BGMについても、冒頭のブリーフィング以降の本編進行中にBGMは存在せず、高品質な爆発音やビームの発射音や音声通信の演出などがアンプ基板上のサラウンド処理ICによる4chステレオで聞こえる、ストイックで臨場感の高い内容であった。最終ボスと遭遇し、最終決戦からエンディングへと至る時になって初めてBGMが流れるという演出(後日談としは、ゲーム業界では極め新鮮で高い評価を受けた。なお、実際はサウンドメモリの容量が足りなかったためにBGM載せられなかったが明かされた)は、ゲーム業界においては極めて新鮮の事高い評価を受けた。また、同社の[[ファミリーコンピュータ]]向けゲーム『[[スターラスター]]』も同様の演出を採用している。
 
== 無限遠投影と凹面鏡 ==
匿名利用者