「少国民」の版間の差分

Jungvolkほか
(Jungvolkほか)
'''少国民'''(しょうこくみん)とは、[[戦争]]体制において、[[銃後の守り]]と位置付けられた[[子ども]]を指す。日本語の「少国民」という語は[[ヒトラーユーゲント]]で用いられた「Jungvolk」の訳語である。特に、第2次世界大戦時期の日本におけるそれを指すことが多い
 
[[小学校]](1941年-1947年までの日本では[[国民学校]])教育で、基礎的な[[軍事訓練]]を受ける他、前線[[兵士]]への慰労など、戦争に親近感を抱かせる[[教育]]が行われる。[[乗り物図鑑]]には、必ず[[戦車]](タンク]]を登場させる。
 
軍政時代の[[韓国]]の国民学校(現在の初等校に相当する)用[[教科書]]は、これ一色だった。
 
[[戦前]]・[[戦中]]の日本での状況は、「[[あばれはっちゃく]]」の[[作者]]でもある[[山中恒]]の著作「[[ボクラ少国民]]」を参照されたい。