「しゅごキャラ!の登場人物」の版間の差分

編集の要約なし
(Nozomi123 (会話) による ID:64772322 の版を取り消し)
; 日奈森 緑(ひなもり みどり)
: 声 - [[村井かずさ]]
: 誕生日[[12月27日]]生まれの[[やぎ座]]。 血液型[[ABO式血液型|A型]]。
: あむの母で、雑誌「主婦の知恵」の[[編集者]](ライター)。作中では「日奈森みどり」、アニメエンディングクレジットでは「日奈森ママ」と表記されている。
: [[ゴシック・ファッション|ゴシック]]系や[[ロリータ・ファッション|ロリータ]]系のファッションを見るのが好きで、2人の娘達に自分の趣味の服を着せている。家族思いで温厚だが、時には母として厳しく諭すこともある。あむが追われていたイクトを断り無く自分の部屋に泊めていたのを見つけた時は2人を叱ったが、その後「娘の部屋に男性を泊める訳にはいかない」とイクトのためにホテルを取るなど、しっかり者かつ情に厚い性格。イクトはそんな彼女を「家族思いのいい母親であむが羨ましい」と評した。
; 日奈森 紡(ひなもり つむぐ)
: 声 - [[織田優成]]
: 誕生日[[2月20日]]生まれの[[うお座]]。 血液型[[ABO式血液型|O型]]。
: あむの父で、[[野鳥]][[写真家|カメラマン]]。作中では「日奈森つむぐ」、アニメエンディングクレジットでは「日奈森パパ」と表記されている。
: 2人の娘達を「ちゃん」付けで呼ぶほど溺愛しており、いつもカメラに収めている。親馬鹿のあまり、あみに対しては[[ロリコン]]を思わせる発言をしており、みどりを怒らせたことがある。さすがにあむが内緒でイクトを居候させていた事に関しては、もはや只事では済まなくなるからという危険性から、知らされなかった。
; 日奈森 亜実(ひなもり あみ)
: 声 - [[間宮くるみ]]
: 誕生日[[2004年]][[3月21日]]生まれの[[おひつじ座]]。血液型[[ABO式血液型|O型]]。
: あむの妹。作中での表記は「あみ」。あむが6年生になった春から幼稚園に通っている。幼いためまだ断片的な単語でしか会話できない。スター性を秘めていて目立ちたがりな所もあり、冒険心にも富んでいるがオバケが嫌いで怖がりな性格。
: キャラ持ちではないが、しゅごキャラを見ることができ、しゅごキャラ達を「しゅごいキャラ」と呼びよく遊んでいる。イクトのしゅごキャラであるヨルの事を「しゅごいネコさん」と呼び、お気に入りのようであり、その度にヨルは締め付けられている。唯世のことを「王子しゃま」と呼び気に入っている。
; 冴木 のぶ子(さえき のぶこ)
: 声 - [[山本圭子]]
: 誕生日[[1月5日]]生まれのやぎ座。 血液型[[ABO式血液型|B型]]
: 本名は佐伯信子。自称霊感占い師。あむがしゅごキャラを授かるきっかけになった人物で、あむ曰く「インチキ占い師」。
: みどりが編集している雑誌「主婦の知恵」で彼女の占いを今まで3回特集し、全て好評だった。実はあむと同じでオカルトが苦手。みそピーナッツが好きな54歳。霊感が強いせいかしゅごキャラが見える。化粧が濃い。[[ペーパードライバー]]。
: 自らの霊能力に限界を感じていた時期に二階堂に攫われたラン、ミキ、スゥを捜索中のガーディアンと出会い、二階堂の下に送り届けることになる。これをきっかけに霊能力が回復したお礼の意味も込めてイクトがイースター社に攫われた際、テレビ関東に潜入したガーディアンのピンチを救い、イクトの居場所を感知しあむに告げた。この時になぎひこがなでしこと同一人物であることも見破っている(その会話がきっかけで、りまにも知られることになる)。
; 羊田 ミミ子(ひつじだ みみミミこ)
: 声 - [[定岡小百合]]
: ややと舞香が通っているバレエ教室の先生。とてもキャラも化粧も濃い。
1,054

回編集