「ウミニナ」の版間の差分

m (cewbot: ウィキ文法修正 38: HTMLの<i>タグの使用)
旧ウミニナ科で、「フトヘナタリ科」「ヘナタリガイ科」と呼ばれることもある。成体は殻口が大なり小なり外反し、水管溝が深くえぐれる。種類によっては大きく反った殻口が水管溝を覆うように張り出す<ref name="長谷川" /><ref name="三浦" /><ref name="環境省RDB" />。
[[画像:Henatari-kawaai080623.jpg|thumb|240px|左:ヘナタリ、右:カワアイ。ヘナタリの殻口は大きく外側に反る]]
;[[ヘナタリ]](甲香) ''Cerithidea(Cerithideopsilla)Pirenella cingulatanipponica'' (GmelinOzawa & Reid in Reid & Ozawa,1790) 2016
:殻高40mm・殻径12mmほど。貝殻は円錐に近い。成体になると殻口がラッパ状に反り、水管が後方に曲がる独特の形になる。殻は黄白色-褐色で、3-4本ある螺肋がはっきりとしている。ウミニナよりも黄色っぽく、横しまが強く見える。
:インド太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布し、日本では[[山口県能登半島]]・[[千葉県房総半島]]以南で見られ)、韓国、台湾、中国中部沿岸に分布する。河口干潟の砂地に生息する。和名の由来は不明だが、かつては角質の蓋が[[香]]に使われていた。[[徒然草]]にもその旨の記述と『へなたり』の名が登場する<ref name="長谷川" />。かつては ''Cerithidea(Cerithideopsilla) cingulata'' (Gmelin,1790)'' などの学名が用いられたが別種である
;[[カワアイ]](川合) ''C.(Cerithideopsilla)Pirenella djadjariensispupiformis'' (K.MartinOzawa & Reid in Reid & Ozawa,1899) 2016
:殻高50mm・殻径13mmほどで、九州以北のウミニナ類としては大型種である。殻は一様に黒褐色で、いくらか紫色を帯びる。表面は3本の螺肋がほぼ同じ太さの縦肋(巻きに対して垂直方向に走る線)で区切られ、四角形の顆粒が規則正しく並ぶ。また巻き数が多く、螺層は13階に達するのも特徴である。成体は殻口が反るがヘナタリほどではない。
:西太平洋の熱帯・亜熱帯域に分布し、日本では山口県・千葉(宮城県以南で見)かれる。トウナンアジアに分布し、河口干潟の泥地に生息する。産卵期は7-8月で、泥で覆われた紐状の卵塊を産む<ref name="波部" /><ref name="長谷川" />。かつては ''C.(Cerithideopsilla) djadjariensis'' などの学名が用いられたが、これは別種の化石種である
;[[フトヘナタリ]](太甲香) ''C.(Cerithidea) rhizophorarum'' A.Adams,1855
:殻高40mm・殻径20mmほどの大型種。成貝はヘナタリに似るが和名通り太く、殻頂が欠ける。殻口の反りも小さい。貝殻表面は粗い[[布]]目状、色は黄白色、灰色から黒褐色まで変異が多い。西太平洋の熱帯・亜熱帯域に分布し、日本では[[東京湾]]以南で見られる。汽水域に生息するが、大潮の満潮時のみ水に浸かるような高所に多く、他種と棲み分ける。
280

回編集