「中西績介」の版間の差分

m
 
=== 教育問題 ===
* [[1968年]]([[昭和]]43年)4月、福岡県教育委員会は、県立高校などの新任校長15名を発令した。これに対し福岡県の[[高教組]]書記長として、同教組の推薦もしくは承認のない12名の任命に反対し、同年の4月から8月にかけ、[[校長着任拒否闘争|各校長の着任拒否闘争]]を行った。[[1966年]](昭和41年)10月21日、半日ストを皮切りに、15回に及ぶストライキを指示、決行させ、文部省に対し闘争を激化させ、教師に対してストライキ参加確認書に署名を執拗に求め、このストライキに参加しない教師や組合脱会者を村八分にした。1968年(昭和43年)から[[1986年]](昭和61年)までの18年間、そのとき県教育委員会が任命した校長着任に対して、組合員を動員して阻止行動を行い、ピケを張り、警察官が投入をされた。また、この団体交渉で耐えられず退職校長が相次ぎ、[[福岡県立山田高等学校]]では、[[1972年]](昭和47年)5月から[[1973年]](昭和48年)4月までの1年間に4人の校長が交代した。勝手に組合員がつくった教頭の指示に従って、欠席届を出したり、いろんな事務連絡をやったりしていた<ref>[http://kokkai.ndl.go.jp/ 第136回国会 予算委員会 第12号 1996年(平成8年)2月14日 総務庁長官への質問]国会会議録</ref>。この件で免職の懲戒処分を受け、福岡県教育委員会を相手取り、処分の取り消しを求めたが、訴訟の上告審判決で免職処分が確定した<ref>「43年の福岡県下・校長着任拒否闘争 30人の処分確定 最高裁が上告棄却」『読売新聞』1989年9月8日 東京夕刊 19頁</ref>。
* 社民党として文部省に対する(検定不合格の)要請行動から始まり、各研究者との話し合いをしてきたと述べ、周到に[[扶桑社]][[新しい歴史教科書をつくる会]]本を不合格・不採択とする“工作”を続けてきたことを明らかにした<ref>「特定歴史教科書 不採択働きかけ 社民党」『読売新聞』2001年5月4日 東京朝刊 3頁 総合3面</ref>。
 
68,097

回編集