「石井蔵人」の版間の差分

編集の要約なし
m (Geogie がページ「石井忠清(蔵人)」を「石井忠清 (蔵人)」に移動しました: カッコ前の半角空白がない)
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{基礎情報 武士|氏名=石井 忠清/石井 蔵人|時代=[[戦国時代 (日本)|戦国時代]] - [[江戸時代]]初期|生誕=|死没=[[慶長]]14年[[1月21日 (旧暦)|1月21日]]([[1609年]][[2月24日]])|改名=|別名=|諡号=|戒名=清徳院日利|墓所=|官位=[[蔵人]](受領名)|主君=[[龍造寺隆信|隆信]]→[[龍造寺政家|政家]]→[[鍋島直茂]]|氏族=[[肥前石井氏]]([[藤原氏]])|父母=父:[[石井忠本]]、母:[[倉町家光]]の娘|兄弟=忠喬、'''忠清'''、忠晴|妻=|子='''[[石井景弘|景弘]]'''、[[石井忠昌|忠昌]]、[[石井忠増|忠増]]、蔵人、[[石井重次]]室|特記事項=}}'''石井 忠清/石井 蔵人'''(いしい ただきよ/いしい くろうど)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]初期にかけての[[武将]]。[[肥前国]]の[[戦国大名]][[龍造寺氏]]の重臣。[[肥前国]][[佐賀市|佐嘉郡]]飯盛村を治めた[[肥前石井氏|石井氏]]の惣領。肥前国[[佐賀市|佐嘉郡]][[佐嘉飯盛城|飯盛城]]主[[石井忠|石井駿河守忠義]]の四男[[石井忠本|駿河守忠本]]の男。母は[[倉町家光|倉町蔵人家光]]の娘。同じ諱の[[石井忠清|石井和泉守忠清]]は宗家当主で伯父にあたる
 
== 来歴 ==
蔵人忠清は、石井四男家の生まれであるが、[[龍造寺隆信]]の命により、石井一族の惣領に任ぜられ、一族を率いた。それに伴い嫡流家の当主を宗家とし、実質的に一族を代表して采配を執る者を惣領とすることになった。
 
[[肥前国]][[三根郡]]中野城攻略の際、龍造寺軍配下の石井隊が先陣となって奮戦したが、隆信側近の勇将[[石井忠修|石井源次郎]]らが戦死し、戦後、隆信は哀愁の感状を、一族の頭人である蔵人忠清に贈っている(『北肥戦誌』)。
 
蔵人忠清が病死すると、一族の惣領は、宗家出身の[[石井茂成|石井修理亮茂成]]がつとめ、茂成の死後は、二男家の[[石井孝成|石井兵庫助孝成]]が引き継いでいる。
 
蔵人忠清の嫡男[[石井景弘|但馬守景弘]]とその子孫は、[[佐賀藩]]においても、石井惣領家の由緒により重んじられた。