「停滞前線」の版間の差分

(Nanafa (会話) による ID:56387721 の版を取り消し)
停滞前線の長さは一般的に温暖・寒冷前線と同じ数百km~2,000km程度であるが、時に3,000~4,000kmくらいの長さに伸びることもある。上空から見た前線の[[雲]]域は幅500~1,000kmくらいである。雲の大部分は前線の北側にある。又、前線の北側300km以内で降水があることが多い。
 
前線には[[低気圧]]がつきものであり、停滞前線も例外ではない。しかし、停滞前線の場合は低気圧があまり発達せず、天気図に描かれないことも多い。一方、上空では明瞭な[[気圧の谷]]を伴う。また、停滞前線上に低気圧が発達すると、反時計回りの風向になって停滞前線が解消され、温暖前線や寒冷前線に変わってしまう。ただし低気圧が移動してしまっても、停滞前線の要因である気団は停滞する場合が多く、しばらくすると再び停滞前線が形成されることがある
 
=== 停滞前線の形状・移動 ===